今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【川越大師・喜多院】 江戸城の建物が移築されている庭園が見事な寺院

喜多院を訪れました。


 

830年に慈覚大師・円仁が建立し、当初は無量寿寺と名づけられたとか。

1599年に継いだ天海僧正の時代に、喜多院と名が改められたそうで、

この天海というお坊さん、実は明智光秀だという説があったりして、

徳川家康公から寺領500石を得るなど、意見もできる方だったようです。


 

喜多院には、かつて江戸城にあった建物が移築されています。

「家光誕生の間」「春日局化粧の間」 といった歴史の詰まった部屋もあり、

この目で観られるというのは魅力的ですね。


 

石組みが目を引く、遠州流庭園も見事でした。


 

隣接して、仙波東照宮があるのも、徳川家と密接なつながりがあった証拠。

拝殿脇の柵ごしに覗くことしかできませんが、

朱塗りに、細やかな彩色がほどこされた社殿は見事です。

 

・・・・・・・・・・

 

【滞在時間】 約1時間

 

拝観料は400円。駐車場は500円。

江戸城の遺構にまさか出会えるとは思いませんでした。

徳川家光春日局といった、歴史上の人物が過ごした空間が、

今日まで保存されていることは貴重ですね。

また庭園も見事です。

 

また、五百羅漢があったりと、とても見ごたえのある寺院でした。

川越を訪れたら、是非オススメしたいスポットです!

川越大師・喜多院

埼玉県川越市小仙波町1-20-1

★★★★★