今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【東福寺】 巨大建築と東西南北の庭「八相の庭」が見事

霊雲院をあとにして、次は東福寺へ。


 

洗玉澗(せんぎょくかん) という渓谷にかかる、趣のある臥竜橋を渡ります。


 

東福寺、初めて訪れたのですが、建物がとにかく巨大で圧倒されます。

室町期に建てられた三門は国宝になっています。

隅にあてがわれた柱は、秀吉が修繕の際つけたもので、「太閤柱」 というそう。


 

本堂は、昭和初期に再建されたものですが、これまた圧巻。

高さ25M、間口が41Mもあるそうです。天井には迫力ある龍が描かれています。

 

・・・・・・・・・・

 

方丈へあがってみました。

こちらでは、重森三玲の手がけた東西南北の庭を楽しむことができます。



 

方丈の東西南北に庭が配されていて、「八相の庭」 と言われています。

こちらは、蓬莱神仙思想を表現した、南庭です。


 

こちらは東庭。円柱の石で北斗七星が表現されています。

石は、東司 (トイレ) の柱石の余石をつかっているのだそうです。




こちらは北庭。

苔と正方形の石が組み合わされた市松模様が面白いです。

三玲の手にかかると、石や苔でこんなアートな庭になるんですね。

 

これらの庭は昭和14年につくられ、現代でも全く飽きのこないデザインです。

感性の高さに驚かされてしまいます。


 

通天台からは、通天橋と渓谷を一望できます。

まわりの樹はすべてカエデで、紅葉の時期はきっと絶景でしょうね。

 

・・・・・・・・・・・

 

【滞在時間】 約1時間

 

拝観料は方丈・八相庭園で400円。

通天橋・開山堂で400円、それぞれかかります。

 

今回は方丈・八相庭園のみ入りました。

庭園と通天台から景色を楽しめるので、オススメです!

紅葉の時期なら、通天橋を渡ってみても良さそうです。

 

境内には、三門など見事な巨大建築の伽藍が並び、

重森三玲の手がけた東西南北の八相庭園も見ごたえがあります。

オススメです!

東福寺

京都府京都市東山区本町15丁目778

★★★★★