今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

渋滞を回避する!紅葉シーズンの栃木・奥日光観光プランニング。

今回、紅葉シーズンに入りつつある、中禅寺湖のある奥日光を訪れました。


 

三連休ということもあり、とくに観光客が集中する日だったかと思いますが、

朝7時からの竜頭の滝の大混雑にはビックリ!紅葉シーズンの奥日光の人気の高さを改めて実感。

そこで今回の経験を踏まえて、少しでも渋滞や混雑を回避して、快適にまわるためのポイントをまとめてみました。

紅葉シーズンの奥日光、訪れる方のご参考になれば幸いです。

宇都宮方面からの場合、いろは坂は朝7時までに終える。

まず、宇都宮方面から来る場合、いろは坂を登らなければなりません。

道幅は広いものの、観光バス、路線バスが前を連なろうものなら、渋滞は必至。

そこで、朝7時を目安に登っておいた方が良さそうです。

関越道・沼田ICから国道120号線で「いろは坂」とばし。

奥日光へは、関越道・沼田ICから国道120号線経由で入ることもできます。

所要時間は通常1時間少しで湯元まで来れます。

吹割の滝、丸沼、菅沼といった観光スポットをみながら、奥日光へ入れるコース。

湯元から入り→中禅寺湖畔→いろは坂で撤収という感じで、効率よくまわれるのもポイント。

いろは坂ほどの大渋滞もないので、私はドライブコースによく利用します。

 

遅く出発してしまったら、沼田ICから国道120号経由がオススメ。

朝7時過ぎで竜頭の滝は大混雑。有名人気スポットは午前中に優先してまわる。

朝7時過ぎに奥日光へ入っていたのに、竜頭の滝はもう観光客でいっぱいでした・・・。

午前中、行く先々の観光地の駐車場も満車状態でしたが、まだスムーズで入れる方。

特に湯滝や竜頭の滝といったスポットは、駐車場がせまいので、午前中でまわるのがオススメ。

華厳の滝も午前中がのぞましいですが、駐車場が広いので後回しにしても大丈夫かも。

朝7時過ぎに観光を開始、14時過ぎにはいろは坂から撤収開始。

朝7時過ぎに竜頭の滝をスタート、14時過ぎには、いろは坂を下り始めました。

帰りは、日光市街神橋を中心にした渋滞がこれまたヒドいです。

確実に清滝ICから有料道路に入って撤収することをオススメします。

 

午前中: 7:00 

★★★☆☆ 龍頭の滝

★★★★☆ 戦場が原

★★★★★ 湯滝

★★★★☆ 湯ノ湖

★★★★★ 金精峠

 

午後: 

★★★☆☆ 二荒山神社 中宮

★★★★★ イタリア大使館別邸

★★★★★ 半月山

14:00 いろは坂撤収

 

※ 昼食は抜き。二荒山神社のかわりに華厳の滝を入れるのも手。