今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【まとめ】「東急ハーヴェストクラブ那須」宿泊記 

今日は栃木県那須町にある、東急ハーヴェストクラブ那須に泊まりました。

うっすら茶褐色の温泉が楽しめ、野趣感のある露天風呂のついた大浴場、

食事もコース、ブッフェともに美味しいです。

ハーヴェストの中でも、個人的にお気に入りの施設です。

ちょっとオシャレで落ち着いたインテリアでまとめられた客室

 


ベージュとダークブラウンの落ち着いた色目が多いハーヴェストですが、

那須の客室は、ちょっとオシャレな印象のインテリアデザインです。

壁に赤系のアクセントカラーが入ったり、アートな絵がかけられます。

 

お部屋の様子はこちら 各宿泊記へ

 ツイン洋室

 スタンダード和洋室

洋食メインの食事はブッフェ、コース料理ともに美味しくてオススメ!

f:id:docoiko:20210228193235j:plain

 

コース料理の「光彩」とブッフェの「みのり」、二つのレストランがあります。

ハーヴェストの中でも、特に食事が美味しい施設かと思います。

お値段も良心的、コース料理も6000円程度からでたっぷり楽しめるので、

夕食はコース料理、朝食はブッフェをつけるパターンが多いです。

 

充実した設備内容と高級感のある温泉大浴場 「白八汐の湯」

f:id:docoiko:20210228182045j:plain

f:id:docoiko:20210228182050j:plain

引用:東急ハーヴェストクラブ那須

 

高級感があり、充実した設備内容の温泉大浴場もオススメポイントです。

うっすら茶褐色の温泉を、内湯と露天風呂で楽しむことができます。

特に露天風呂は、緑に囲まれ、川のせせらぎや鳥のさえずりも楽しめます。

また、サウナ、打たせ湯、寝湯もあり、充実した設備にもなっています。

湯船が広く、洗い場も仕切りがもうけられているのもポイント。

車利用の場合、行楽期は東北道那須IC利用は避ける。

ハーヴェスト自体は、那須観光の拠点として、便利な場所にあります。

日光や福島・会津エリアへの展開もできるので、中継地としても利用できます。

 

一方でネックなのが、那須IC~茶臼岳へ向かう県道17号の渋滞がひどい点。

注意点としては、週末や行楽シーズン、東北道で特に東京方面から訪れる場合、

那須ICは、高速出口から渋滞しているため、利用は避けた方が無難です。

無事降りても、今度はメインルートの県道17号が全線渋滞で動きが封じられます。

 

 

対策は、矢板ICあたりから高速は早めに降り、県道30号線を主軸に移動します。

おまけ程度ですが、料金も那須ICで降りるより最大400円程度オトクです。

料金以上に、時間ロスとストレスを抑えられるので、よろしければお試しください。

 

・・・・・・・・・・

 

食事は、夕食ブッフェとコース料理、朝食ブッフェどれも美味しい上、

うっすら茶褐色のお湯と、緑につつまれた露天風呂のある温泉大浴場、

とても満足度の高い施設です。オススメ!

利用する際は、最低でも朝食ブッフェはつけています。

 

*クラブ会員でなくても「ホテルハーヴェスト那須」として一般宿泊できる施設です。

宿泊プランを検索

≫ じゃらん

≫ 楽天トラベル

≫ 一休.com

この宿の宿泊記一覧

≫ 「那須」のカテゴリ で各記事を読むことができます。

東急ハーヴェストクラブ那須

栃木県那須郡那須町大字高久丙1792

★★★★★