今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【米子大瀑布】 断崖から落ちる落差約80mの二本の大滝がならぶ絶景!

今、紅葉が見頃とのことで、米子大瀑布を訪れました。

落差85Mの不動滝と75Mの権現滝という、巨大な二つの滝が楽しめるスポットが、須坂市の山奥にあります。

 

 

まずは、車のすれ違いがギリギリの細道をゆっくりと登っていきます。

日中でもヘッドライトをつけるなど、対向車に存在を知らせながら行きましょう。

 

 

70台程度の無料駐車場があります。到着した朝10時前、車はまばらでしたが、

お昼には (写真) だいぶ車が増えました。

 

 

駐車場からは徒歩で滝を目指します。

オススメの眺望ポイントは2ヶ所。滝を近くでみられる 「米子不動尊」 周辺と、

二本の滝が一目でみられる 「米子鉱山跡地」 です。

 

駐車場から、鉱山跡地を目指す 「のぼり900M」 のルートはやめましょう。 

つづらおりで急勾配の 「登山」 ルートで距離、時間ともにかかります。

下りで利用しても30分かかった上、ただ山道で全く楽しくありませんでした。

 

 

米子川沿いの遊歩道を行きます。米子不動尊まで約30分です。

礫の転がる山道ですが、傾斜なだらかで歩きやすいです。

 

 

まずみえてくるのが、落差85Mの不動滝です。

 

 

やがて米子不動尊に到着。

 

向かいには滝山館という旅館がありますが、もう営業していないのかな・・・。

閑散とした雰囲気でした。

 

 

そばからは、落差75Mの権現滝の近くまで行くことができます。

 

 

滝山館から沢を越えて約10分。対岸の硫黄鉱山跡地に到着です。

 

 

かつて、こんなに大規模な硫黄鉱山があったそうです。驚きでした。

現在、遺構はほとんど残っておらず、緑の平地があるのみです。

 

 

 

逆光のため、写真をとるのには難がありましたが、絶景が広がっていました!

 

 

山々の紅葉も見事でした。

 

・・・・・・・・・・・

 

【滞在時間】 2~3時間程度

 

駐車場から入り、山中を一周すると、なかなかの時間がかかります。

体力は消耗しますが、かなりの絶景が楽しめます!オススメです。

 

ポイントとして、

① 岩がゴロゴロしているので、必ず歩きやすい足回りで。

   散策路入り口にある、パワーストック (杖) を借りるとラク

② 眺望ポイントは、滝が近い 「米子不動尊」 と一望できる 「硫黄鉱山跡地」。

   米子川沿いの散策ルートを往復し、 鉱山跡~駐車場の山道は避ける。

③ 紅葉の時期は、15時には日が陰りはじめるので、

   午前中からお昼すぎまでには、散策コースに入ると良さそう。

 

紅葉シーズンの土休日は、一般車の規制がかかります。

シャトルバス、タクシーのみのアクセスになるので、注意が必要です。

ちょうど今週末から、一般車でも行けるようになっています。

米子大瀑布須坂市観光協会

長野県須坂市米子

★★★★★

※ 駐車場にマークしてあります。