今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【錦市場と錦天満宮】 京の台所と神域の融合が京都らしい風景

今日は朝9時過ぎ、京都へ来ました。
比較的早い時間だったので、錦市場へ行ってみました。

錦市場

「京の台所」 とも呼ばれる錦市場は、東西390Mの錦小路を中心に、
京都らしい食材が手に入り、のぞくだけでも楽しい商店街です。

平安時代に、豊富な地下水をつかって、
御所への新鮮な魚を納める店が、集まったのがきっかけとのこと、
江戸時代の絵師・伊藤若冲も、ココの青物問屋の息子だったそう。

錦天満宮

そんな商店街の一角にあるのが、錦天満宮です。
お店とお店の間にいきなり現れる神域が、京都らしいです。

錦天満宮

たくさんの提灯が掲げられていて、どこか華やかな雰囲気。
街中のこじんまりとした敷地に、ぎゅっと詰まった神域がとても印象的。
奥の本殿も立派でした。
多くの参拝客でにぎわっていました。

錦天満宮

境内には、このエリアの水の豊かさを象徴するように、
「錦の水」 と呼ばれる湧水があります。

・・・・・・・・・・

錦市場では、漬物や京野菜、お茶やおばんざいなど、
京都らしい食材に出会うことができます。

≫ 京都錦市場商店街

食べ歩きできる一品や、食事できるお店もあるので、
天満宮と一緒に、散策を楽しんでみては。

錦天満宮

京都市中京区新京極通四条上ル中之町537
★★★★☆