今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【高桐院】 ガラシャが眠る緑豊かな庭のお寺

大仙院のあと、
同じ大徳寺塔頭の、高桐院 (こうとういん) を訪れました。

高桐院

門をくぐると、竹林と苔むした参道が出迎えます。

高桐院

高桐院は、細川忠興公によって1601年に建立されました。
忠興公と言えば、
明智光秀の娘・細川ガラシャの旦那さんで有名です。

細川家の菩提寺として、
初代藤孝公、忠興公、そしてガラシャも眠っています。

高桐院

高桐院

おすすめのポイントは、
心やすらぐのが、苔と竹林、もみじで彩られた前庭です。
アクセントに感じられる灯篭は、鎌倉時代のもの。

高桐院

このつくばいは、
もともと加藤清正朝鮮出兵の際に持ち帰った、
朝鮮王城の礎石からつくったものだとか。
参勤交代にも、持っていったそうです。重そう・・・。

高桐院

裏庭も緑が豊かでありながら、整っていて見事でした。

・・・・・・・・・・

【所要時間】  30分程度

拝観料は400円。
利休七哲の一人だった忠興、
敷地内には千利休の邸宅を移築した書院も残されています。

茶人のお寺らしく、趣のあるお庭を楽しめます。
縁台も広々としていて、ゆっくりと鑑賞することができます。
オススメです!

高桐院

京都府京都市北区紫野大徳寺町73-1
★★★★★