今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【高台寺】 ねねが秀吉をとむらうために建てた寺

高台寺に行ってみました。


高台寺

豊臣秀吉の没後の1606年、秀吉の正室だった北政所 (ねね)が、

秀吉をとむらうために建てたお寺です。

高台寺

方丈の前には、枯山水の庭が広がります。

 

高台寺

手前には、北政所が秀吉をしのんで月を眺めたという観月台、

奥の開山堂という建物は、天井がかわっていて、

秀吉の御座舟と、北政所の御所車の天井を用いているそう。


高台寺

見どころは、この霊屋。

北政所は、現在もこの下に眠っています。

秀吉と北政所の木像が安置され、中の階段や厨子には、

桃山時代の最高峰の技術といわれる、蒔絵がほどこされています。


高台寺

12月12日現在の高台寺の紅葉はこんな感じです。


高台寺

 

落葉すすんでいますが、まだ十分楽しむことができます。

 

・・・・・・・・・・


【所要時間】 約1時間

 

拝観料は掌美術館と共通で600円。

境内は比較的広く、竹林もあり、散策が楽しめます。

奥の高台には、伏見城から移築した、二階建ての茶室もあります。

 

雰囲気も落ち着いていて、散り紅葉を楽しむことができました。

八坂周辺の散策途中にオススメです!

 

掌美術館は、高台寺の宝物館のような存在。

蒔絵の工芸品をはじめ、質の高い宝物が展示されています。

ボリュームも立ち寄るのにちょうどよいです。

高台寺

京都府京都市東山区河原町526

★★★★☆