今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【源光庵】 悟りの窓と迷いの窓、そして血天井の残るお寺

宿から徒歩5分程度の距離にある、
源光庵を訪れました。

源光庵

紅葉情報では、まだ散り始めになっていたので、
楽しめるかなと思って訪れてみました。

源光庵

入り口には、見事な紅葉が!
期待をもって、拝観料を払って中に入ってみましたが・・・

源光庵

残念ながら、紅葉は終了でございます・・・。
左の丸い窓が 「悟りの窓」、右の四角い窓が 「迷いの窓」。
このふたつの窓からの紅葉が見事なのだとか。

源光庵

庭には、散ったモミジがまだ残っていました。

また、源光庵のもうひとつの見所が、血天井です。
供養として、本堂の天井に用いられています。

1600年、伏見城の戦いで、徳川方・鳥居元忠軍が石田三成軍に攻められて落城、
その時、家臣らが自刃した時の跡で、手形や足形が見られます。

京都には、この伏見城血天井を用いたお寺が、
いくつかあるようです。

・・・・・・・・・

【所要時間】 20分程度

拝観料は400円。
「悟りの窓」 と 「迷いの窓」 は、紅葉が終わってしまうと、
葉の落ちた木しか拝めないのが、残念なところ。
また、血天井を拝めたのは貴重でしたが、手形や足形が生々しく、
なくなった方々の気持ちを思うと、胸が詰まりますね。

法要があると、拝観時間が限られるので、注意が必要。
今日も2回入っていて、運よく合間に訪れました。
またの時期、訪れたいと思います。

源光庵

京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町47
★★★☆☆