今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【あしかがフラワーパーク】 「世界の夢の旅行先」にも選ばれた藤の絶景スポット

GW後半は、あしかがフラワーパークを訪れました。

 

 

「大藤まつり」 が開催されており、パーク全体を藤の花が彩っています!

まさに見頃を迎えていました。

 

 

園内には、350本以上の藤が植わっているのだそうですが、

中でも圧巻なのが、四本の大きな藤の木です。

 

 

 

西ゲート入口で最初に出会うのが、からすぐにあるのが、大長藤です。

花房が最長で1.8Mにもなるそうです。

 

 

まるでブドウが鈴なりになっているような、八重黒龍藤です。

可愛らしい八重咲き、そして香りが高いのも特徴だそうです。

 

 

 

そして、二本の大藤がつくり出す、約1000㎡、600畳もの広さがある大藤棚です!

朝8時過ぎで、この人出にも驚きです・・・。

 

 

藤の多くは見頃を迎えていますが、この黄花の藤はやや遅いようで、

これから5月中旬にかけて、見頃を迎えるそうです。

 

 

 

そのほか、白藤も多く植えられており、とても美しい景色を作り出していました。

 

 

一部でまだ、ツツジと藤のコラボを楽しむことができますよ!

 

・・・・・・・・・・

 

【散策時間】 約2時間

 

入園料1700円。開花状況で変動します。

正直高いですが、これだけ見事な藤を毎年楽しませてもらえるための

維持管理する費用だと考えれば、納得できます。

JAF提示で100円引きです。

 

今回、朝7時半に訪れましたが、すでに園に最寄の駐車場は並ぶ車で渋滞です。

なので、園まわりの田んぼに設けられている、臨時駐車場を狙いました。

余裕で入れました。

駐車場によっては徒歩10分近くかかる場所もあるものの、

帰る時にも、渋滞にハマりやすくなるので、歩いた方が早いです。

また、入園の際、チケットは7時半には並ばずに買えましたが、

10時前にはかなり混雑していました。

 

混雑回避のポイントとして、

① 朝7時から営業しているので、開園を狙うべきだが、遅くとも9時までに行く。

② 園入口の最寄駐車場は早々にあきらめ、臨時駐車場に入って歩く。

(渋滞にハマると引き返せないし、帰る時にも渋滞にハマり、時間をロスします。

あしかがフラワーパーク

栃木県足利市迫間町607

★★★★★