今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【オテル・ドゥ・ミクニ】 フレンチの巨匠・三國シェフのレストランでいただく秀逸なコース料理

今日はランチで、四谷にある、オテル・ドゥ・ミクニを訪れました。

フレンチの巨匠・三國清三シェフのレストランです。

四谷の閑静な住宅街の一角にあります。

 

しょっちゅう来れるわけではないので、「31周年記念特別メニュー」 (18000円) をいただいてみました。

一部の料理をご紹介します。

 

 

≪タルトオニオン (クレアシヨン 1985)≫

一品目。ここの名物のアミューズだそう。

一見キッシュなのですが、味わいはあっさりとした茶碗蒸しのよう。

 

 

≪天然真鯛のスフレ仕立て、サフランの薫り≫

赤いのはトマトフォンデュ、トマトの味わいが凝縮されていて、

あっさりめの真鯛のスフレに添えていただきます。

小さなパイ、フルーロンはまるで工芸細工。薄くパリっとした食感が美味です。

やや濃厚なサフランソースが相まった一品。

 

 

≪マリアカラス、ミクニ風 東京の五種の温野菜添え≫

この一品にはやられました。絶品です!

「マリアカラス」 は、仔羊のパイ包み焼きの料理だそうですが、ミクニ風だと、中心にフォアグラ、そして牛フィレ?をパイで包むという贅沢な一品に。

これとパンだけでも十分。

 

 

≪トロワデセール (オペラ、フルーツ葛寄せ、日本酒國稀のアイス)≫

スイーツ三品、こちらも美味しかったです。

コーヒーのコク香りのきいたケーキ、のびの良い葛寄せのプルプル感、

品よく日本酒の香りと味わいがひろがるアイスをいただきます。

 

 

最後は、コーヒー、紅茶をいただきます。

お茶菓子として添えられる、三種のプティガトーも美味しかったです。

 

・・・・・・・・・・

 

料理は、最初控えめな内容でしたが、メインで圧倒されました!

ハード系の焼きたてパンも美味しかったです。

 

ランチとはいえ、皆さんきちんとした服装をされていました。

私は襟付きシャツ、チノパンで行きましたが、しっかりジャケットを羽織った方が良かったです。

こういうお店のドレスコードは、スマートカジュアルで行けば無難ですね。

お客さんは、年配の方が多かったです。

 

ランチメニューは、今回いただきました31周年記念メニュー (18000円) のほか、平日であれば現在、4600円からコースが用意されています。

ただし平日やグループ限定といろいろプランがあるので要注意です。

一休.com でも、オリジナルプランもあったりするのであわせてチェックします。

オテル・ドゥ・ミクニ

東京都新宿区若葉1-18

★★★★★