今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【清涼寺】 国宝「生身のお釈迦様」と見ごたえたっぷりのお寺

常寂光寺をあとにし、散策していると突然あらわれた大きな山門。


 

清涼寺というお寺の山門です。

 

 

清涼寺は、987年に創建されたそう。嵯峨釈迦堂とも言います。

 

ご本尊には、国宝の釈迦如来立像が安置されています。

この釈迦如来立像、宋にあった、本物のお釈迦様を模刻したとされる像を、

許可を得てさらに模刻したそうで、「生身のお釈迦様」と呼ばれています。

お釈迦様からのコピー回数わずか2回!これはありがたいです。

 

しかも、像の中には、絹でつくった臓器の模型まで入っていたとのことで、

これも拝むことができます。

 

 

 

有料エリアにはなりますが、弁天堂を配した庭園もなかなか見事で、

まわりのモミジが色づきはじめていました。

 

 

大方丈の一角には、こじんまりとしていますが、

小堀遠州が作庭したとされる庭園もありました。

 

 

【所要時間】 約40分

【拝観料】 400円 

 

ふらりと立ち寄ったお寺ですが、これがなかなか見ごたえたっぷり。

ご本尊で国宝の釈迦如来立像をはじめ、中に納められていた絹でできた内臓、

また現在の本堂は、徳川綱吉の母・桂昌院の寄進によることにちなみ、

桂昌院にまつわる、蒔絵があしらわれた見事な調度品なども見ることができます。

小堀遠州ほか、弁天堂の庭園も見事で、これから紅葉の時期、楽しめそうです。

 

拝観料400円を支払う価値あり。是非、本堂へあがってみてください。

オススメです!

清涼寺

京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46

★★★★★