今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【東山旧岸邸】 近代数寄屋建築と庭園が見事な岸元首相の邸宅

この週末は紅葉狩りに、静岡県御殿場市に来ています。

今日は、これまでいつも素通りだった東山旧岸邸を訪れました。

 

 

1969年に建てられた、岸信介元首相の邸宅です。

敷地は5669㎡、延床面積567㎡ある、見事な邸宅です。

 

建築家・吉田五十八によってデザインされました。

日本の伝統的な数寄屋建築の中に、

洋風の生活スタイルへの変化にあわせて、近代化を取り入れたのだとか。

 


 

50年近くの時を経ていることを感じさせないデザインです。

 

 

 

岸信介の晩年の自宅ですが、立場上、公的に使われることもあったようです。

プライベートとパブリックを兼ね備えた、合理的なその間取りも興味深いです。

 

 

建物も見事ですが、今の時期、手入れの行き届いた庭の紅葉も見事です!

 

 

 

きれいに掃きまとめられた落ち葉も、ちょっとしたアート。

 

 

観光客も少なくゆっくりと鑑賞することができました。

 

・・・・・・・・・・

 

  • 滞在時間: 約1時間
  • 入館料: 300円

 

駐車場は無料です。

築50年になりますが、現在も十分通用する機能性、美しさを備えた建物です。

また、見頃過ぎましたが、広大で手入れの行き届いた庭園の紅葉も見事。

観光客も少なめなので、ゆっくりと散策するのにオススメです。

是非どうぞ。

東山旧岸邸

静岡県御殿場市東山1082-1

★★★★★