今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【清津峡】 避暑に最適!トンネルで涼しく柱状節理の峡谷とアート鑑賞

埼玉が暑すぎるので、このお盆は高原エリアに脱出です!

 

 

十日町市にある清津峡を訪れました。

 

 

清津峡は、黒部峡谷、大杉谷とともに日本三大峡谷のひとつなのだそう。

柱状節理の岩肌と渓谷美が評価され、国の名勝天然記念物になっています。

 

 

ここの特徴は、散策路が全長750Mのトンネルになっているところ。

天候を気にせず、夏は涼しく快適に渓谷美を楽しむことができます。

途中に3ヶ所の見晴台と、終点のパノラマステーションが用意されています。

 

 

また、十日町・津南エリアは、「大地の芸術祭の里」 として、

アートでの町おこしもやっており、トンネル内もアートが散りばめられています。

 

 

面白かったのが、このシルバーカプセルみたいなもの。

 

 

実はトイレになっているんです!まるで宇宙船のコックピットのよう。

 

 

マジックミラーになっていて、用を足しながら、渓谷美を楽しめます(^^;

 

 

そして、清津峡で今人気なのが、終点にあるパノラマステーション。

 

 

水面にうつる清津峡と人の影、こんな幻想的な写真をとることができます!

インスタ映えするスポットとして、人気になっているようです。

 

記念撮影するのに列をなしていました。結構時間がかかりそう・・・。

水面の奥まで行って、上のように記念撮影するのには並ばなければなりませんが、

水面手前の位置から他人の写真をとるだけなら、並ばないでOKです!

 

・・・・・・・・・・

 

【滞在時間】 約1時間

【入場料】 600円

 

駐車場は入口に近い第一からバス往復の第三までありますが、

混雑時は、警備員さんが振り分けるため、近くなるか遠くなるかは運次第です。

11時頃訪れましたが、入庫まで10分程度待ちました。

 

清津峡は険しいため、全線トンネルの散策路になります。

終点のパノラマステーションまで750M、ゆっくり往復して1時間弱です。

柱状節理の岩肌、コバルトブルーの川の美しさが見事、

また、アート作品が散りばめられたトンネル散策も楽しかったです!

 

全線トンネルなので、景観を楽しむという点では、やや物足りないですが、

今日みたいな夏の暑い日、涼しく散策できるのでオススメです。

清津峡

新潟県十日町市小出癸2126

★★★★☆