今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【野尻湖ライン遊覧船】 島の散策も楽しめる!45分のさわやか野尻湖クルーズ

今日は、長野県北にある野尻湖を訪れました。

 

 

避暑を楽しむ今回の旅行、遊覧船に乗ろうと思います。

 

大型遊覧船 「雅」 での約45分のクルージングです。

一階席と二階席がありますが、今回は安い一階席を利用しました。

 

 

座席は一階席でも、後ろの二階、三階デッキは自由に利用できます。

 

 

興味深かったのが、湖畔に点在する別荘群、野尻湖国際村です。

 

大正時代、宣教師のダニエル・ノルマンが、有名になりすぎた軽井沢を離れ、

この野尻湖畔を避暑地に、新たに別荘を開いたのが始まりだそう。

 

 

湖畔には、陸路からでは見つけにくい集落や建物が点在しており、

まるで探検気分を楽しめます。

 

 

湖面に人が立っている不思議な光景。スタンドアップパドル (SUP) といって、

大きいボードに立ってパドルをこぐ、水上アクティビティだそうです。

 

 

この遊覧船の楽しみが、湖に浮かぶ琵琶島に上陸ができるんです!

約15分停泊し、島にある宇賀神社の参拝ができます。

 

 

宇賀神社は、730年創建、行基御神体を安置したと伝えられています。

鳥居に掲げられている書は、勝海舟によるもの (レプリカ) だとか。

立派な神社でした。

 

 

【所要時間】 約45分

【乗船料金】 普通船室利用 1100円 (JAF割引で990円)


駐車場は無料でした。

朝10時の最初の便を利用、窓際の席を余裕で確保することができました。

11時前、船が戻る頃には、乗客は長蛇の列、駐車場もほぼ満車でした。

 

船室は、一階席(普通船室)と、500円高い二階席(一等船室)があります。

一階席でも、二階、三階のデッキを利用できるので満足度は高いです。

 

野尻湖を一巡し、琵琶島の上陸も楽しめて、内容の濃いクルージングでした。

船内はクーラーがきいていますし、

デッキに出ても、カラッとした高原の空気と湖の風で、気持ちがいいです。

避暑できる観光としてオススメです!

野尻湖ライン遊覧船

長野県上水内郡信濃町野尻254

★★★★☆