今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【東武ワールドスクウェア】 25分の1スケールの精巧な有名建築を見ながら世界一周

コロナ対策で、観光は屋外メインで行きます!

鬼怒川の定番・東武ワールドスクウェアを訪れました。

 

f:id:docoiko:20201101095105j:plain

 

f:id:docoiko:20201101095052j:plain

 

東武ワールドスクウェアは、広さ約87000㎡、ミニチュアの屋外テーマパーク。

25分の1スケールで、世界中の有名な建築物の数々を楽しむことができます。

 

f:id:docoiko:20201101095112j:plain

 

f:id:docoiko:20201101095133j:plain

 

園内は、現代日本アメリカ、エジプト、アジア、日本、ヨーロッパの

6つのゾーンにわかれ、

102点もの有名建築、世界遺産をたっぷり楽しむことができます!

 

f:id:docoiko:20201101095042j:plain

 

屋外展示にもかかわらず、そのつくりは頑丈なのに精巧。

しかも、多くの群衆まで細かく再現されています!

この東京ドームなんか、まさに今日試合がこれから行われるのでしょうね。

 

f:id:docoiko:20201101095124j:plain

 

f:id:docoiko:20201101160646j:plain

 

植栽や水面が、ミニチュアに見事に取り入れられているのもポイントです。

 

f:id:docoiko:20201101095152j:plain

 

また、大樹のミニチュアが走ったり、船が動いたりするなど、

子供も大人も喜ぶ仕掛けが、あちらこちらに散りばめられています。

 

f:id:docoiko:20201101160648j:plain

 

f:id:docoiko:20201101160652j:plain

 

こんなカオスな景色を楽しめるのも、東武ワールドスクウェアの魅力です!

 

  • 滞在時間: 約2時間
  • 入園料: 当日券2800円(JAF割引200円) 前売券2500円 

 

 10時半ごろに訪れました。駐車場は500円かかります。

コロナ禍で、皆さん意識して屋外観光という点から、ココを選んでいる雰囲気です。

入園料が高い上に、駐車場が別途にお金がかかるのが残念なところですが、

散策する広さもちょうどよく、展示内容もたっぷり、とても見ごたえがありました!

気軽に世界一周をした満足感のあるスポットです。オススメです!

前売券は、近隣の宿泊ホテルやコンビニのチケット販売機で入手できます。

東武ワールドスクウェア

栃木県日光市鬼怒川温泉大原209‐1

★★★★★