今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【足柄峠越え】大井松田IC~御殿場IC間・箱根方面の渋滞回避に使えそう?

f:id:docoiko:20211129044644j:plain

 

今日は箱根へ。まずは、御殿場プレミアムアウトレットを目指します。

東名で御殿場を目指したのですが、大井松田IC~御殿場IC間で渋滞が発生。

12月24日まで、集中工事で、車線規制されているようですね。

通過で約50分の表示が出ていたので、一般道で行っても変わらないと思い、大井松田ICで降りました。

 

セオリーでは国道246号線の利用ですが、わかりやすいルートでこちらも渋滞気味だったので避け、今回は足柄峠を突破する、県道78号線のルートを利用しました。

足柄峠越えのルートは約50分。使えなくはないルート。

 

大井松田ICから御殿場アウトレットまでの距離は約30㎞、通過時間は約50分でした。

所要時間は、渋滞にハマるのとほぼ同じにはなりましたが、高速代を安くできて、渋滞回避できた上、御殿場プレミアムアウトレットも、駐車場が混雑しにくいイーストゾーンを狙いやすく、スムーズに行くことができました。

途中、箱根仙石原直通の「はこね金太郎ライン」を発見!

途中、「はこね金太郎ライン」という看板と真新しい入口を発見。

今年4月に開通したばかりで長さ約10㎞、箱根の仙石原まで抜けられるらしいです。

 

 

調べてみたら、これまでの林道を舗装整備するなどして完成した道だそうで、

大きな車は通行不可だったり、急カーブ、道幅も1.5車線レベルが続く模様です。

でも、大井松田IC~仙石原を約45分で行けるとのこと。これはスゴイです!

(追記)

実際に利用しましたが、仙石原→大井松田IC方向が、終始下り坂のルートになるので、箱根からの帰りに利用した方が、よりスムーズな走行ができる印象です。

 

▼ 「はこね金太郎ライン開通」(箱根町観光協会サイトより)

足柄峠では城址公園で富士山を楽しんで一休み。

f:id:docoiko:20211129044640j:plain

 

足柄峠を車ですすんでいくと頂上付近、急に空がひらける場所があります。

足柄峠城址公園です。

 

f:id:docoiko:20211129044642j:plain

 

かつて戦国時代には北条氏の属城だった山城で、現在は本丸周辺が、

一面芝生の広がる気持ちの良い公園に整備されています。

 

f:id:docoiko:20211129044644j:plain

 

ここからは、富士山の眺望を楽しむことができるのがポイント!

お弁当を広げるのにも良さそうです。

 

f:id:docoiko:20211129044647j:plain

 

f:id:docoiko:20211129044651j:plain

 

今日は雲がかかってしまっているのが残念ですが、

富士山の裾野の広さを実感できる、雄大な眺望を楽しむことができます。

峠越えのひと休みに是非どうぞ。オススメです!

 

整備された駐車場はありませんが、階段の反対側に安全に車を止められる

5台程度の駐車スペースがあります。

 

・・・・・・・・・・

 

これまで東名道・大井松田インターはあまり降りることがなかったのですが、今回の足柄峠越え、そして箱根仙石原直通のはこね金太郎ラインの発見と、二つの渋滞回避ルートを見つけることができて、なかなかの収穫でした。

 

ただ、細道でカーブも多いので、雪や悪天候、夜間は使いづらいルートです。

一方、山道が苦手でなければ、通過時間は50分程度を目安として、東名の渋滞と比べて判断してもいいかと思います。その時は、国道246号線もきっと渋滞するので、マシかもしれません。

ご興味がございましたら、お試しくださいませ。

足柄峠城址公園

静岡県駿東郡小山町竹之下

★★★★☆