今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【古河公方公園】 公園がピンク色に染まる!約1500本の満開の花桃が楽しめます。

東京都心が、桜の開花宣言された先週ですが、この頃になると見頃を迎えるもの。

それは花桃です!

f:id:docoiko:20220327161031j:plain


久しぶりに、茨城県古河市にある、古河公方公園の花桃をみに行ってきました。

 

f:id:docoiko:20220327161014j:plain


江戸時代初期、薪が不足した時に、当時の古河藩主・土井利勝が、成長がはやく薪がとれて、食料にもなる桃を植樹を奨励したのが、古河の桃の歴史のはじまりだとか。

f:id:docoiko:20220327161019j:plain


現在、その故事にちなんで、総合公園に桃園が再現されました。

植わっているのは花桃で、花を楽しむために改良された桃です

梅や桜よりも、色濃く、こんもりとボリュームのある花をつけます。

 

f:id:docoiko:20220327161024j:plain


古河総合公園には、5品種1500本もの花桃が植えられていて、まさに桃色の華やかな景色が広がります。この週末は、満開を迎えていて、見頃です!

 

f:id:docoiko:20220327161009j:plain


今日はあいにくの曇り空でしたが、公園がピンク色に染まる景色は見事。

菜の花の黄色とのコントラストを楽しめる場所もありました。

 

f:id:docoiko:20220327161026j:plain


地元の方には、お花見の定番スポットのようです。

 

f:id:docoiko:20220327161029j:plain

 

古河公方公園は、室町時代古河公方足利成氏の館があったことにちなんで名づけられているそうです。

公園全体の広さは22haあり、今回訪れた花桃が楽しめる桃園のほか、沼のほとりを一周できる散策路、古民家が移築された民家園もあり、整備されています。

 

f:id:docoiko:20220327161034j:plain

 

桜はパラパラ咲き始め、こちらは来週末あたりが見頃になりそうです。

桜の木も多く植わっていたので、花桃の後は桜と、きれいな花が長く楽しめて地元の方がうらやましいです!

 

・・・・・・・・・・

  • 散策時間: 約1時間半
  • 入園料: 無料

 

朝9時頃、車で訪れました。

公園正面の駐車場を利用することができました。無料です。

コロナ禍ということもあってか、例年に比べてまだ客足が少ない印象でした。


例年だと、公園正面の駐車場は、午前中には満車になり、渋滞も発生します。
古河市街の国道354号線も渋滞しやすいので、朝イチで行くのがオススメです。

 

梅のあと、満開の桜を待つまで、中継ぎにちょうどよい花桃

満開で今見頃を迎えています。例年、桜の開花前後が見頃の印象です。

華やかなピンク色が一面に広がり、オススメです!

 

開花や桃まつりの開催情報は「こがなび」でチェックを。

▶ 古河桃まつり(こがなび)

 

また、ここからだと栃木県佐野市が、車で30分程度と意外と近いです。

お花見のあとは、佐野プレミアムアウトレットへ行きました。

古河公方公園(古河総合公園)

茨城県古河市鴻巣399-1

★★★★☆