今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【手荷物をホテルへ安く送る方法】エコムー便かヤマトの往復宅急便が良さそう?

 

今回は、キャリーバッグやスーツケースなど旅行の手荷物を、ホテルなど宿泊施設へ送る方法を調べてみました。

キャリーバッグは運ぶのがラクで容量もあるので便利なのですが、新幹線など鉄道での移動する場合、難儀するのがその置き場所です。

私は出張で新幹線を利用するのですが、満席だったりすると、棚上もいっぱいということもあり、結局前に抱えていくなんていう経験を何度かしたことがあります。

キャリーバッグ、意外と邪魔くさい。

 

なのでプライベートで新幹線など鉄道を利用する旅行の場合、キャリーバッグなどメインの荷物は宿に送るようにし、あとはちょっと大きめの肩掛けバッグで、手ぶらで動けるスタイルにしています。

 

 

はこBoon」がなくなった今、代わりの配送方法を検討する。

以前は、伊藤忠商事ファミリーマートを窓口にヤマト運輸を利用した「はこBoon」という配送方法がありました。埼玉から京都のホテルまで140サイズのスーツケースを送っても軽ければ1000円程度と割安でしたが、昨今の運送事情で終了してしまいました。

そこで今回、はこBoonの代わりの配送方法を探した結果、

この二つの方法を見つけましたので、ご紹介したいと思います。

送り先エリアがあえばエコムー便がもっとも割安か?

送り先エリアが限られるのですが、割安なのがエコムー便です。

佐川急便を利用したサービスで、取扱いは160サイズ重さ30㎏以下の1サイズのみ。

何度か利用していますが、問題なく届いています。

近隣県を中心に1280円~で送れるので、全体的にはこれがもっとも安そう。

ただし、例えば東京からだと北海道は送れるが福岡は配送不可だったりと、送り先エリアに制約があるので注意が必要です。

発送前日までネットでの申し込み、発送は集荷のみ、カード決済のみになります。

(例)東京~大阪 扱いは160サイズのみ 片道1780円

 

▼ 格安宅配「エコムー便」の詳細はこちら

 

今回のように宿泊施設での利用シーンも紹介されています。

基本はヤマト運輸の往復宅急便が無難か?

往復宅急便は、ヤマト運輸で取り扱っている、手荷物やゴルフバッグ、スキー用品などをホテルなど宿泊施設(民泊不可)やレジャー施設へ送ることを前提にした往復用の宅急便です。

締切日が宿泊2日前(場所により3日前)になるのと、往路送り先を実家や勤務先など個人への配送はできません。

(例)東京~大阪 120サイズ 往復3240円(片道で1680円)

 

▼ ヤマト運輸「往復宅急便」の詳細はこちら

機内持ち込みバッグの120サイズで送料比較をした場合

サイズは機内持ち込み手荷物のキャリーバッグ、120サイズで検証します。

東京都から大阪府へ送った場合。2022年8月現在。

  • ヤマト運輸 15㎏まで| 1720円 | 1620円(往復宅急便の片道)
  • 佐川急便  20㎏まで| 1958円
  • 日本郵便  25㎏まで| 1690円 
  • エコムー便 30㎏まで| 1780円

スーツケースなど大きめ荷物140サイズで送料比較した場合

スーツケースのような大きめ荷物、140サイズでも検証しました。

東京都から大阪府へ送った場合。2022年8月現在。

  • ヤマト運輸 20㎏まで| 1960円 | 1860円(往復宅急便の片道)
  • 佐川急便  20㎏まで| 1958円
  • 日本郵便  25㎏まで| 1950円 
  • エコムー便 30㎏まで| 1780円

ホテルなど宿泊施設へ手荷物を安く送る方法の結論

宿泊先へ手荷物を安く送る方法の判断基準は以下の通りです。

① エコムー便で、送り先がエリア内に該当するか確認 し、最安の1280円エリアであれば、エコムー便。

② エコムー便の指定遠隔地(やや割高なエリア)で荷物サイズが120以下の場合、ヤマト往復宅急便が安い場合もあるため、あわせて検討する。140以上はエコムー便。

③ エコムー便の送り先エリア外は、ヤマト往復宅急便を使う。

 

あと、荷物は日程に余裕をもって送るのもポイントです。

私は仕事で多くの荷物発送を経験していますが、荷物が違う中継基地で降りてしまったりする、誤送はやはりゼロではありません。ただ、万が一起きてしまっても1日余裕があれば、ほぼ解決している印象です。

ヤマトの往復宅急便の締め切りが宿泊日の2~3日前に設定されているように、例えば土曜に宿泊するのなら、火~水曜日あたりには出しておけば、ゆとりが持てます。

 

・・・・・・・・・・

 

キャリーバッグなどちょっと大きい手荷物をともなう旅行。

駅などのコインロッカーに預けると、必ずそこへ戻らなければならないという「縛り」が出て、フレキシブルな動きができなくなってしまいます。

送料は安くないですが、小さなストレスをなくすという点でも、荷物は宿へ送ってしまうというのも手かと思います。

荷物の置き場所に気を遣う、新幹線など鉄道を利用する旅行であれば特にオススメ!

ご参考にどうぞ。