今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【平安神宮】 夏の散策にオススメ!小川治兵衛作庭の水と緑豊かな1万坪の神苑

今朝は、ホテルからほど近い、平安神宮を散策してみます。

 

 

平安神宮は、1895(明治28)年に、平安遷都1100年を記念して、かつての平安京大内裏を8分の5に復元したものなのだそうです。

真ん中に大極殿、そして左右に翼を広げるように建物が展開します。

 

 

平安京をつくった桓武天皇明治維新期の孝明天皇が祭られています。

青色の緑釉瓦、白地に朱色の柱のコントラストが美しく、その大きさも見事です。

 

 

平安神宮を訪れたら、是非あわせて散策したいのが、神苑です。

神苑は有料エリアで600円になります。

 

 

実は、社殿を取り囲むように、1万坪もの池泉回遊式庭園が広がっているんです!

しかも、自然景観と水を組み合わせた庭が得意な小川治兵衛の作庭です。

 

 

ひっそりと路面電車が保存されていました。

明治に市街地を走っていた二号電車と呼ばれるもので、日本最古の電車だとか。

近年、国の重要文化財になっています。

 

 

小川が流れる森の小路を先にすすみます。

 

 

西神苑は、さるすべりと睡蓮の花が見頃を迎えていました。

 

 

東屋のある中神苑です。少しずつ池が開けていきます。

 

 

池にかかる臥龍橋は、豊臣秀吉時代の三条大橋五条大橋の石柱なのだそう。

 

 

最後は、東神苑の大きな栖鳳池へ出ます。

 

 

屋根付きの橋は泰平閣です。京都御所から移築されたものなのだとか。

神苑のシンボルのような存在で、結婚の記念写真の撮影がおこなわれていました。

 

 

欄干は、腰かけられるようになっており、庭園を見渡すことができます。

 

 

神苑の散策時間は約30分程度。

平安神宮を訪れたら是非どうぞ。

 

・・・・・・・・・・

 

  • 滞在時間: 約1時間(神苑含む)
  • 拝観料: 無料(神苑600円)

 

平安京大内裏を復元した、美しく見ごたえのある神社です。

とても広く、神社参拝は無料なので、京都定番の観光スポットとしてもオススメ。

また、あわせて是非おすすめしたいのが、神苑です。

有料になるものの、小川治兵衛作庭の池泉回遊式庭園は、四季折々の花を楽しめる他、小路の脇の小川がいくつもの池をへて、最後、大きな栖鳳池へ注ぐという、展開のあるつくりを感じる庭園です。

水豊かで木陰もある庭園なので、京都の暑い夏に、涼を求めるのにもオススメです!

平安神宮

京都府京都市左京区岡崎西天王寺町97

★★★★★