今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【謙信平と大平山神社】 11月中下旬はモミジが見頃!関東平野が一望できるスポット

この週末は、栃木を訪れています。

紅葉しているかな?と思い、大平山を訪れました。

 

 

大平山は栃木市にある山で、中腹まで車であがっていくことができます。

大平山神社と謙信平があり、これからの時期、多く植わっているモミジが色づき、紅葉を楽しむことができるスポットでもあります。

 

 

車で大平山の中腹まであがっていくと、眺望が開けてくる場所が、謙信平です。

かつて、越後の戦国武将・上杉謙信がここから関東平野を見渡し、その広さに驚いたという故事にちなんだ場所なのだそう。

現在でも関東平野を一望できる絶景スポットです!

 

 

お目当てのモミジは、11月5日現在、若干色づき程度。まだまだこれからですね。

11月中旬から下旬頃が見頃になるようです。

周辺には、お茶屋さんが連なっており、大平山名物のだんご、焼き鳥、卵焼きをいただくことができます。これらは、大平山神社に奉納されたお米やニワトリがきっかけで、参拝客に振舞われるようになったそうで、ちゃんと理由があるんですね。

 

 

謙信平に車をとめ、モミジを観ながら、大平山神社まで歩いていきます。

このあづま家さんのお店前を左に入って、散策路にそって歩きます。

 

 

まもなく大平山神社の鳥居がみえてきました。

 

 

謙信平からは徒歩5分程度で到着。

大平山神社は、827年、慈覚大師(円仁)によって創建されたのだとか。

 

 

瓊瓊杵命、天照皇大御神豊受姫大神主祭神ですが、境内には多くの社が連なり、たくさんの神様が祀られています。

 

 

本殿の前にある石は、災厄をはらい、霊験を得られるという撫で石。

ちゃんとアルコールスプレーがおいてあるのが、世相ですね・・・。

大きな鈴と奉納が掲げられた鳥居もまた印象的でした。

 

 

謙信平からは車道を歩いてきても神社にたどり着きますが、急な階段をのぼらなくてはならないのでちょっと大変です。

 

・・・・・・・・・・

 

  • 散策時間: 約1時間
  • 拝観料など: 無料

 

12時前に訪れました。

駐車場は、謙信平そばの大平山展望台駐車場を利用しました。

40台程度とめられるのですが、ほぼ満車状態でした。これから紅葉がすすんでくると、より混雑しそうですね。

100m程度離れたところに、謙信平駐車場(20台程度)があり、この二か所が広めで使いやすいかと思います(マップで赤の場所)。いずれも無料です。

大平山神社方面の駐車場(マップで緑の場所)は、台数が少なかったり、やや離れたりするので、予備程度に考えておいた方がいいかも知れません。

 

 

謙信平は、関東平野を一望できるスポット。空気がすんでいれば、スカイツリーや東京のビル群まで見通せるそうです。

落葉樹の紅葉はすすんでいましたが、多く植わるモミジは、11月中旬から下旬が見頃のようで、まだまだこれからといった感じでした。

大平山神社を参拝しがてら、お茶屋さんで卵焼きやだんごを食べ、謙信平からの景色を眺めながら一息つくといった楽しみ方ができそうです。

ドライブに立ち寄ってみるのにオススメのスポットです!

大平山神社

栃木県栃木市平井町659

★★★★☆