今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【拝観料見学無料】お金をかけずに堪能できる!京都おすすめ観光スポットまとめ。

 

京都は、魅力ある観光地なのですが、何かとお金がかかりがちなのがネック。

特に寺社や庭園は、有名なお寺になると、800円前後も当たり前です・・・。

そこで今回は、私がこれまで実際に訪れてみて、参拝や見学が無料で十分堪能できた京都のおすすめスポットをまとめてみました。

ご参考になれば幸いです。

 

 

洛北エリア

貴船神社

水と緑が豊かな神社。水占おみくじが珍しいです。

夏は貴船川で川床が広がります。

しょうざんリゾート京都

昭和期に西陣呉服商・松山政雄氏によってつくられたリゾートエリア。

紙屋川の渓流沿いに料亭やレストラン、庭園が広がります。

紙屋川沿いの散策路(南庭)は無料で一回りでき、夏は涼感があり、秋は紅葉も見事。

有料エリアですが北庭もオススメです。

洛中エリア

糺の森下鴨神社

平安京から残る原生林・糺の森と、水が豊かな下鴨神社は、神々しさを感じられるパワースポット。

京都御苑京都御所

京都市街の中心に広がる公園で、明治まで天皇のお住まいがあった場所。

現在は、京都御所が無料で開放されており、見学することができます。

また、戊辰戦争で有名な蛤御門もあり、弾痕が歴史を語っています。

護王神社

京都御苑の蛤御門近くにある、イノシシが護る面白い神社です。

足腰、リストラなど職難除けにご利益があります。


錦市場と錦天満宮

京都の食材に出会える商店街・錦市場では、イートインを楽しめるお店も。

またお店の間に現れる錦天満宮は、生活に神域が溶け込んでいて印象的。

北野天満宮

天満宮と同じく、菅原道真公をまつる。学業成就。

東本願寺

御影堂は、建築面積では木造建築として世界最大。どれも建物が大きいです。

髪の毛でつくられた「毛綱」 をみることができます。

西本願寺

金が多く使われており、華やかな印象を受ける堂内。

また、阿弥陀堂、御影堂ほか国宝、重文クラスがいっぱいあり見ごたえあり。

洛東エリア

八坂神社

全国の八坂神社の総社で、祇園祭で有名です。

境内には、女性に人気の 「美御前社」 があります。

二寧坂・産寧坂

お土産屋さん、飲食店などが立ち並ぶ散策の楽しいスポット。

知恩院

日本最大の三門は圧倒される大きさ。一部有料エリアがありますが、堂内へは無料で参拝することができます。

立派な伽藍、仏像も拝めて見ごたえあり。奥にある大鐘もお見逃しなく。

南禅寺

知恩院と同じく大きな三門が見事です。

また、京都を舞台にしたサスペンスでよく登場する、レンガアーチの水路閣も境内にあり、無料で見学することができます。

蹴上インクライン

琵琶湖疏水の舟運ルートで、台車に船をのせて坂を上り下りしていました。

レールと台車が残っていて、散策を楽しむことができます。

平安神宮

平安遷都1100年を記念して、平安京大内裏を復元した神社です。

有料エリアになりますが、神苑は小川治兵衛の作庭で見事です。

洛西エリア

渡月橋

嵐山の定番。

桂川の清流と山々の景色が、すがすがしく見事です。

竹林の道

野宮神社へ行く途中にある、見事な竹林の中に続く道。

野宮神社

恋愛成就で女性に人気です。

最古の形を残す木の鳥居と、小さな苔庭が楽しめます。

松尾大社

お酒の神様をまつる神社。夏はヤマブキの花がきれいです。

有料エリアですが、石組みが見事な重森三玲作庭の三つの庭園があります。

洛南エリア

東福寺

三門は国宝で室町時代の建築。

本堂は再建ですが、龍の天井絵をのぞくことができます。

有料エリアですが、重森三玲作庭の庭園、通天橋も見事です。

伏見稲荷大社

初詣でも人気の神社です。境内一帯に連なる千本鳥居がスピリチュアルです。

お金をかけず、京都らしさをたっぷり味わうなら、東山がオススメ!

お金をかけずに京都散策を楽しむのなら、東山エリアがオススメです。

知恩院や八坂神社、南禅寺と蹴上インクライン平安神宮などご紹介した洛東エリアのスポットが集結しています。

これに 清水寺青蓮院門跡高台寺の三寺を加えたら、かなり見ごたえのあるコースになるかと思います。この三寺は、拝観料がかかりますが、内容が充実しています。

また、寺社に飽きたら、超絶技巧の作品が鑑賞できる 清水三年坂美術館 もオススメです。

 

 

プランニングのポイントとしては、神社は拝観料がかからないです。

とくに京都は、今回ご紹介したイノシシだらけの護王神社のほか、髪にまつわるご利益のある 御髪神社 など、個性あふれる神社が多いので、これを探して巡るだけでも面白いと思います。

今回ご紹介したスポットはベタなところも多いですが、有料の寺社と組み合わせて、コスパよく充実した京都観光を楽しんでいただければ幸いです。

 

▼ 他にもいろいろ京都観光のポイント、まとめています。

≫ 「京都観光ポイント」で京都観光のプランニングポイントをまとめました。

≫ 「京都」で各スポットの記事をご覧いただけます。