今日はどこ行こう?

日本国内の観光、食事、宿の一人クチコミサイト。どうだった?を知りたい方へ。*最近鉄分多めです。

【みつけイングリッシュガーデン】 ケイ山田氏監修!季節の花々が楽しめる本格的英国庭園

新潟旅行二日目です。

見附市にある、みつけイングリッシュガーデンを訪れました。

 

 

みつけイングリッシュガーデンは、蓼科高原バラクライングリッシュガーデン などを手掛ける園芸研究家・ケイ山田氏が監修した、本格的英国式庭園です。

 

 

広さは、約2.2ヘクタール。

メインゲートから続くボーダーガーデンにはじまり、1周ぐるっと散策を楽しめるメインガーデンが奥に広がる感じです。

 

 

入口からメインガーデンに続く、ボーダーガーデンです。

 

 

藤の花やバーバスカム、パンジーやカラーリーフが庭を染めます。

日陰にはチューリップの花も残っていました。

 

 

メインガーデンへ。

真ん中には、鯉が悠々と泳ぐ大きな池が配されていて、芝生広場になっています。

 

 

こちらはなんとトイレの前です。

藤棚とチューリップ、パンジーの植栽がこれまたきれいでした。

 

 

メインガーデンは芝生広場を中心に、まわりには一周できる、舗装された散策路が整えられています。

 

 

ガーデン北側には、岩場に可憐な花が咲く、ロックガーデンもありました。

 

 

ガーデン一番奥、シュラウガーデンでは、カナリーバードというバラが見頃を迎えていました。

 

 

バラのアーチもあり、こちらはまだこれから。

これから初夏はバラと、紫陽花の仲間のアナベルが楽しめそうです。

 

 

上越新幹線の高架がすぐ近くなので、子供に鉄分補給がてら散策できるのもいいです。

 

・・・・・・・・・・

 

  • 滞在時間: 約30分
  • 入園料: 無料(GW中は一人500円程度の協力金)

 

写真は2024年5月4日現在の様子です。

11時ごろに訪問。駐車場は無料で100台程度あるようです。

地元ではやはり有名スポットらしく、ガーデンに隣接する、第一や第二駐車場はほぼ満車状態でした。

 

ケイ山田氏監修のイングリッシュガーデンということで訪れましたが、やはり見事。

次々と花々が咲き続ける庭園設計とイングリッシュガーデンならではの適度なナチュラルさ、素晴らしいですね。

この連休中こそ500円の協力金をポストに入れて入場しましたが、このクオリティで基本無料なのがスゴイです!蓼科のバラクラは、入園料1000円以上は当たり前なので、かなりオトクなスポットです。

いろんな花が咲き、バラも開花する、春から初夏、そして秋、特にオススメです!

みつけイングリッシュガーデン

新潟県見附市新幸町35

★★★★★