今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

偕楽園① 100品種3000本の梅が咲く日本の名園へ

いよいよ今年も花の時期がやってまいりました!

偕楽園

今日は、茨城県水戸市にある偕楽園を訪れました。

偕楽園

偕楽園は、金沢・兼六園、岡山・後楽園とともに、
日本三名園のひとつとして数えられる、有名な庭園です。

1842年、当時の水戸藩主・徳川斉昭によって、
領民の憩いの場として、千波湖をのぞむこの地に作られました。

偕楽園

広さは13ha、100品種3000本もの梅が植えられています。

偕楽園

梅園全体では9割近くの木々が咲いているとのこと、
ちょうど見ごろを迎えています。

好文亭

偕楽園の一角にある好文亭は、斉昭の別荘として建てられました。
襖絵と眺望が見事な建物です。

偕楽園

こんな大きな桜の木もありました。「左近の桜」 です。
宮内庁からゆずりうけた山桜で、高さは16Mもあるそうです。
今度はこの桜を観に来ようかな。

・・・・・・・・・・

散策時間は、好文亭を含んで3時間程度。
見事な枝ぶり、色も紅白、桃色と華やかな梅林が広がります。
オススメです!

梅の期間中、週末は偕楽園駅が臨時で開設されます。
そこで今回、パーク&ライド作戦で、電車で行きました。
ストレスなく偕楽園に行け、行きは快適だったのですが・・・。
注意点はこちらをご覧ください。

 


朝イチで車で行くのがやっぱり便利ですね。
駐車場は500円です。

偕楽園

茨城県水戸市常磐町1-3-3
★★★★☆