今日はどこ行こう?

国内の行ったトコ、食べたモノ、お花見スポットをご紹介します。 お出かけのご参考になれば幸いです!

【袋田の滝】 日本三大名瀑!迫力と優美さのある落差120m四段の滝

福島から国道118号線、水郡線沿いに南下してきました。

大子町にある袋田の滝に立ち寄ります。

 

 

袋田の滝は、栃木・華厳の滝、和歌山・那智の滝とともに、日本三大名瀑に数えられる滝です。

 

 

滝までは、長さ約276mのトンネルの中を歩いていきます。

この先に、滝が目の前に迫る第一観瀑台と、全景を楽しめる第二観瀑台へあがるエレベーターがあります。

今日はGWということもあり、第二観瀑台へのエレベーターは長蛇の列で20~25分待ちでした!待ってられないので今回はパスします。

 

 

トンネルの中を歩くこと5分ほどで、第一観瀑台に到着です。

昔からある観瀑台で、水しぶきを感じながら、迫力ある滝を楽しむことができます。

 

 

袋田の滝は、落差120m、幅73mの四段の滝です。

高さがあるので迫力がある一方、岩盤をつたう白糸のような水が優美でもあります。

華厳や那智のような直瀑の豪快さとは一線を画す、趣のある滝だと思います。

 

 

帰りは、つり橋を渡って渓流沿いに戻ることができます。

 

 

つり橋近くからみる、横からの姿もまた見事です!

左の突き出たところが、先ほどの第一観瀑台。滝の大きさも伝わるかと思います。

 

 

つり橋を渡って、渓流沿いを散策しながら戻ります。

行きはトンネルで帰りは渓流、散策コースも変化があって楽しかったです。

 

 

明日はこどもの日。川にはたくさんの鯉のぼりが泳いでいました。

中には鮎の姿も?

 

・・・・・・・・・・

  • 滞在時間: 約1時間
  • 観瀑トンネル利用料: 300円(JAF提示で50円引き)

 

何度も訪れている袋田の滝ですが、本当に素晴らしい滝です!

水しぶきを感じられるほど、近くからみられる第一観瀑台は迫力があります。

今回、全景がみられる第二観瀑台は、エレベーターが20分以上待ちだったのでパスしましたが、また空いている機会に行ってみたいと思います。

 

トンネル内で並んでいる列があったら、それはエレベーター待ちの列です。

第一観瀑台なら、右にパスしてそのまま行けるので、無駄に並ばないように要注意!

 

車は今回、町営の第二無料駐車場を利用しました。

無料だったものの、滝入口まで徒歩15分程度かかりました・・・・。

第一無料駐車場でも、100m程度近くなるだけで、あまり大差はありません。

 

少しでも滝に近い駐車場を選ぶのなら、土産物店など民間有料駐車場を選ぶのみです。

相場は1回300円~500円。一番近いところで、滝入口まで徒歩5分程度になります。

目安は「滝味の宿・豊年万作」という宿。

駐車料金はこれより手前だと300円が多く、過ぎると500円になる印象でした。

 

土産物店の駐車場は買い物や食事をすれば、無料にしてもらえるケースも多いです。

滝から遠い町営の無料駐車場より、近い民間の有料駐車場がオススメです。

袋田の滝

茨城県久慈郡大子町袋田

★★★★★