今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【霊雲院】 重森三玲の庭と北野大茶会の茶室

前回の京都旅行で、瑞峯院の 「十字架の庭」 をみてから、

とても関心をもったのが、昭和期の作庭家・重森三玲

 

調べてみたら、京都を中心に多くの庭を手がけていることを知りました。

そこで、今日は、特に多くの作品が残されている東福寺エリアを訪れました。


 

東福寺塔頭のひとつである、霊雲院 (れいうんいん) を訪れました。


 

ここには、九山八海の庭と、臥雲の庭があります。


 

九山八海の庭は、荒廃していた江戸時代につくられた庭を、三玲が復元。

中心に配された遺愛石は、かつて肥後藩主から贈られたものだそう。


 

こちらは、臥雲の庭。

白と茶の砂、渦が連なるモダンな雰囲気の枯山水です。


 

中庭も見事でした。

奥にある茶室は、秀吉の北野大茶会当時のものを移築したものだそう。

こちらは外観のみの見学です。

 

・・・・・・・・・

 

【滞在時間】 約20分 

 

拝観料は300円。

重森三玲が手がけた庭はやはり見事です。

訪問客も少なく、ゆっくりと庭を眺めることができるのも良いです。

 

勤王僧月照向と西郷隆盛が密議を交わし、日露戦争では捕虜収容所になるなど、

歴史あるお寺でもあります。

 

見ごたえもあって、オススメです!

霊雲院

京都府京都市東山区本町15丁目801

★★★★★