今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【水前寺成趣園】 芝の富士と湧水豊かな庭園

まずは、水前寺成趣園を訪れました。

水前寺成趣園

熊本城とともに、熊本観光の定番スポットです。

1636年、細川家三代目忠利公の代に、
この地に 「国府御茶屋」 がつくられたのがはじまり。
その後、80年の歳月をかけて、つくられた桃山様式の庭園です。

水前寺成趣園

東海道五十三次を模しているそうで、
手前の橋は日本橋で、遠くには富士山をのぞむような感じでしょうか。
石組みと芝の築山が見事です。

水前寺成趣園

池をのぞくと驚かされるのが、水がとても清らかなこと。
園内には湧水があり、池に水をたくわえているんです!

水前寺成趣園

ハトは気持ち良さそうに水を浴び、

水前寺成趣園

庭園は街中にあるのですが、サギもやってきます。

水前寺成趣園

庭園の一角にある 「古今伝授の間」 は、
四百年前、京都御所にあった建物を移築したもので、国の重文です。

水前寺成趣園

この歴史あるお座敷で、見ごたえのある大庭園を眺めながら、
お抹茶をいただくことができます。
時間があればゆっくりとしていきたいところです。

水前寺成趣園

園内では、水前寺菜が栽培されていました。
葉表は緑、裏が鮮やかな紫色で、お茶花としても飾られたそうですが、
老化防止、血圧降下の作用も期待ができる野菜だとか。
金沢では金時草として、加賀野菜のひとつになっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【散策時間】 1時間程度
【料金】 400円

熊本観光の定番として、熊本城とセットで訪れたいところ。
水がきれいで、石組みと芝の築山が見事な庭園でした。
時間があれば、「古今伝授の間」 で、
お抹茶をいただきながら、ゆっくりと景色を堪能したいところ。
オススメです!

水前寺成趣園

熊本市中央区水前寺公園8-1
★★★★★