今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【金比羅火口災害遺構】 有珠山噴火で流された橋と町営温泉の遺構

洞爺湖周辺の観光で立ち寄りました。

金比羅火口災害遺構

金比羅火口災害遺構です。
有珠山の2000年噴火による災害遺構で、
泥流で流された木の実橋や、町営温泉浴場、団地が残っています。

金比羅火口災害遺構

真ん中の建物が町営温泉浴場 「やすらぎの家」、そして団地群、
そのそばを熱泥流が駆け抜けていったのですね。

金比羅火口災害遺構

遺構には散策路が整備されており、噴火の脅威を体感できます。

金比羅火口災害遺構

金比羅火口災害遺構

何か道路らしきものがあると思ったら、
これが泥流で流されてきた木の実橋でした。
こんな大きなものが流されてくるんですね・・・。

金比羅火口災害遺構

泥流にのみこまれた団地跡、一階が埋まってしまっています。

金比羅火口災害遺構

流された橋がぶつかった跡も残っていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【所要時間】 30分程度

無料です。
ビジターセンターの裏手にあり、駐車場も整備されています。

有珠山の2000年噴火は、これだけの経済被害が発生しながら、
有珠山火山観測所の岡田教授が、事前予測をおこない、
住民も避難行動をとったことで、死者はゼロだったそうです。
教授の分析力、住民の信頼、素晴らしい実例だと思います!

最近の御嶽山口永良部島の噴火、
そして箱根山の活発化と、身近になってきた火山活動。

有珠山周辺には、このような遺構が多く残されているので、
洞爺湖観光の際は、立ち寄ってみては。

今回、時間がなくて訪れませんでしたが、
西山山麓火口散策路の遺構もあわせて訪れたいところ。

 

▼ あわせて訪れたい有珠山噴火の災害遺構

金比羅火口災害遺構

北海道洞爺湖町洞爺湖温泉142

★★★★☆