今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【まとめ】日光「奥の院ほてるとく川」宿泊記 緑と水が豊かな日光の隠れ家

GoToトラベルが解禁となり、近場でゆっくりとできそうな宿を探します。

一泊二日でサっと行けて、美味しい食事とゆっくり温泉が入りたいと思い、栃木県日光市にある、奥の院ほてるとく川を訪れました。

 

f:id:docoiko:20201101094939j:plain

 

いろは坂より手前、日光市街にほど近いお宿です。

東照宮のある日光市街から、少し山際に入ったところにあります。

緑が豊かでおちついた雰囲気、池や水盤が使われたお庭がとても見事です。

広々テラスのついたお部屋「月代」和洋室を利用

f:id:docoiko:20201101094916j:plain

 

今回は、広々としたテラスのついた「月代」というお部屋を利用しました。

空と緑が広がるテラスで、のびのびと外の空気を感じるのにオススメです。

 

▼ お部屋の様子はこちら

地元食材をつかった日光郷土会席料理の夕食

 

コロナ禍ということもあり、夕食と朝食は、個室利用のプランを選びました。

夕食は、日光湯葉やとちぎ和牛、鮎など地元食材をつかった会席料理。

朝食も、大きな鰺の干物をはじめ、一品一品をしっかり美味しくいただける料理ばかりでした。

 

▼ 食事の様子はこちら

人混みなくゆったり入れる!季節感ある庭園露天風呂と内湯の温泉

引用:お風呂|奥の院 ほてるとく川 公式ホームページ

 

大浴場は、露天風呂と内湯、サウナ付きで、日光温泉の湯を楽しむことができます。

木々が植えられ、季節感のある庭園の中に岩風呂の露天、そして内湯も大窓がとられていていて、明るく高級感のある印象です。

部屋数が20室程度と少ない上、専用露天風呂のついた客室も多いので、大浴場の利用は少なめです。数回入りましたが、誰にも会いませんでした。ゆったりとつかれます!

リゾート感ある別邸「アクア」など個性豊かな客室が楽しめる

とく川のおすすめポイントとして、個性豊かな客室も用意されているところ。

今回は、広いテラスのついた「月代」というお部屋を利用しましたが、リーズナブルなツイン洋室のほか、庭園をのぞめる露天風呂付の「吟龍」もあります。

 

引用:別邸『アクア』|奥の院 ほてるとく川 公式ホームページ

 

そして、いつか泊まってみたいと思ったのが、この別邸「アクア」という客室。

広がる水盤と専用露天風呂、テラスにソファと、アジアンリゾートな雰囲気です。

部屋全体は、お庭をふくめて140㎡もあるようです。贅沢!

 

・・・・・・・・・・

 

二人(+子供)一室利用二食付きで一人30000円でした(GoToトラベル割引前)。

日光市街のほど近くにありながら、まるで隠れ家のような立地の宿です。

手が行き届いた水が豊かな庭園、接客もとても親切ていねいです。

食事は夕朝食ともに美味しかったですし、コロナ禍、個室利用できるのはありがたいです。子連れでもさほど気を遣わず、ゆっくり食事できたのも良かったです。

また、今回利用した、広々テラスのついた「月代」のお部屋は、まるでアウトドア気分で、外で気持ちよくくつろぐことができました!

またの機会、「アクア」など他のお部屋も泊まってみたいです。オススメ!

宿泊プランを検索

≫ じゃらん

≫ 楽天トラベル

≫ 一休.com

この宿の宿泊記一覧

≫ 宿泊記①【客室】広々テラスの「月代」和洋室

≫ 宿泊記②【食事】日光郷土会席の夕食と朝食

奥の院ほてるとく川

栃木県日光市2204

★★★★★