今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【摩周湖】貧乏パワーで霧晴れる!?青色の美しいカルデラ湖

今日は最後に摩周湖を訪れました。

まずは第三展望台から。


 

霧の摩周湖」 と呼ばれるので、二日の滞在でみることができるか心配でしたが、

晴天に恵まれバッチリ一望することができました!

写真左、チョコンとせり出しているのが、第三展望台です。


 

島はカムイシュ島というそう。

絵の具をたらしたような青い湖の色は 「摩周ブルー」 と呼ばれています。

空気は、よどみやすいのか、湖面は若干かすんでいました。

時折、湖面から吹く風が、ひんやりとした空気を運んできます。


 

続いて、こちらは有料駐車場のある、第一展望台から。

ココからは、摩周岳の裏側をみることができます。

岩肌はかつての火口壁で、底には火口跡が残っています。

青と緑の景色に、岩肌の白がアクセントに加わり、また違った景色が楽しめます。

 

・・・・・・・・・・

 

摩周湖の霧については、

「お金持ちが訪れると霧に閉ざされ、貧乏人が訪れると晴れる」 そうです。

だから初めて訪れてもみられたのかも!

 

いろんな情報をまとめると、6~7月はもっとも霧に包まれやすいようです。

また、時間帯も日中11~16時ごろは厳しく、早朝か夕方に訪れた方が良いらしい。

私はこの情報を参考に、一番最後にスケジューリングし、17時前に訪れました。

 

展望台は第一と第三があります。

第一は広い駐車場がありますが有料で410円 (硫黄山と共通で使えます。)

摩周岳の火口壁が観られます。

第三は路肩に駐車場が設けられており無料ですが、常に混雑気味です。

摩周岳とカムイシュ島が並んで見えるので、画的にはこちらの方がいいかも。

摩周湖

北海道川上郡弟子屈町

★★★★★