今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【国営ひたち海浜公園】ネモフィラとチューリップが見頃!大スケールの花見スポット。 

笠間つつじ公園のあとは、国営ひたち海浜公園へ。

笠間から高速を利用して1時間弱です。


国営ひたち海浜公園

 

今、チューリップとネモフィラ、菜の花が見頃を迎えています。


国営ひたち海浜公園

 

たまごの森では、チューリップが満開を迎えています。

その数なんと250品種26万本!チューリップの見本畑のよう。


国営ひたち海浜公園

 

チューリップも八重咲き、大きい花から小さい花、原種などさまざま、

ムスカリも珍しい白花のものが植わっていたりしました。


国営ひたち海浜公園

 

こちらはお早めにどうぞ。


国営ひたち海浜公園

 

そして、大人気なのがこのみはらしの丘のネモフィラ


国営ひたち海浜公園

 

3.5haに2品種450万本のじゅうたんが広がり、圧巻です!


国営ひたち海浜公園

 

また、ふもとでは、菜の花も満開になっています。

 

・・・・・・・・・・

 

公園の気合が感じられ、迫力ある花景色を楽しませてもらえます。

超オススメスポットです!

特に今、チューリップとネモフィラの時期は、見ごたえ度が増します。

 

入園料410円。散策時間は2時間程度。

駐車場は臨時を利用し500円でした。

朝10時前に訪れましたが、駐車場は入る車ですでに渋滞、

入場券を購入するのにも10分程度並びました。

 

チューリップ、ネモフィラをみるのなら、

西口ゲート (西駐車場) が近くて便利です。

 

高速は、ひとつ前のひたちなかICで降ります。

ひたちなか海浜公園間は別料金の上、

降りる車の渋滞にハマると逃げられません。

 

また、駐車場は、道路はさんで公園の反対にある、

臨時駐車場を利用すると、行き帰りともにスムーズです。

第一臨時がもっともゲートに近いです。

公式サイトでていねいに紹介されていますので、

今一度ご確認をどうぞ。

国営ひたち海浜公園

茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4

★★★★★