今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【貴船神社】神々しさがあふれる貴船のパワースポット

食事のあとは、貴船神社を訪れました。

貴船神社

貴船神社は、神武天皇の母である玉依姫命が、
貴船川を船でさかのぼり、この地で水神を祭ったのが始まりだとか。

貴船神社

縁結びの神様としても有名で、カップルや女性に大人気でした。
参拝するのに長蛇の列ができるほどです。

また、ここはおみくじがユニークです。
泉に紙を浮かべると吉凶が現れる、「水占おみくじ」 があります。

貴船神社

境内の一角には、作庭家・重森美玲がつくった石庭がありました。
保存もかねて、全て貴重な貴船石で組まれています。
貴船にちなみ、船の形に組まれているのもユニーク。
木はマストを表現しているのだとか。

 

・・・・・・・・・・

貴船神社

貴船神社、特にオススメしたいのが、
本宮から徒歩15分程、貴船川の上流にある、
こちらの奥宮です。

貴船神社

奥宮は、かつて本宮があった場所。
洪水被害を受けてから、現在の高台に本宮が移動したのだそう。

ワラ人形を五寸釘で打つ、 「丑の刻参り」 でも有名です。
でも丑の刻参りは、本当は呪うのでなく、心願成就がその目的だとか。

貴船神社

一角には、玉依姫命が乗ってきた船を小石で隠したという、
船形石もありました。

貴船神社

参拝の列ができる本宮と違って、奥宮は訪れる人も少なめです。
だけど、門をくぐると伝わってくる、清らかな空気。
いつまでもいたくなる、気持ちの良い場所でした。

・・・・・・・・・

参拝時間は、本宮、中宮、奥宮をめぐって1時間半程度でした。
中でも、神々しい雰囲気のたちこめる奥宮は特にオススメです!

駐車場は1回500円で、本宮と奥宮にそれぞれありますが、
川床シーズンは、道幅がすれ違い困難で、大渋滞になりやすく、
観光客も多いので、車はやめた方がいいです。

叡山電車貴船口駅からは徒歩30分程度です。
また、駅からは路線バスも出ています。
公共交通機関の利用がスムーズです。

貴船神社

京都市左京区鞍馬貴船町180
★★★★★