今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【久保田一竹美術館】 息を呑む「一竹辻が花」と紅葉の庭園

もみじ回廊の上のほうにある、久保田一竹美術館を訪れました。

久保田一竹美術館

なんだかRPGにでも出てきそうな門が印象的。
インドの古城にあったものを数種類、組み合わせたものだそう。

久保田一竹美術館

門をくぐると、見事な庭園が姿をあらわします。

久保田一竹美術館

久保田一竹氏は、室町時代に確立された 「辻が花染め」 の技法を、独自の研究により、「一竹辻が花」 として、復活させました。

 

展示内容は、一竹辻が花の着物がメインですが、その柄は、まるで絵画です!

近くからみても遠くからみても、楽しむことができます。

 

中でも 「光響」 という連作は、一部の30枚が展示されていますが、まるで絵巻のよう。

秋から冬への移ろいが、柄で見事に描写されています。


久保田一竹美術館


久保田一竹美術館

 

富士山をイメージして、ひばの大黒柱を16本もつかった本館は、途中、資金不足で中断しながらも、完成させたとか。


久保田一竹美術館

久保田一竹美術館

久保田一竹美術館

 

あわせて素晴らしいのが、館まわりのつくりこまれた庭園。

今の時期、紅葉もとても見事です。

 

・・・・・・・・・・

 

【所要時間】 約1時間半

 

入館料は1300円。JAF提示で100円引き。

近くの河口湖もみじ回廊へは何度も訪れていながら、初めて訪れた、久保田一竹美術館。

 

入館料はややお高いものの、中の 「一竹辻が花」 の作品群、大黒柱が見事な本館建築、そして、手が行き届き、紅葉の美しい庭園。

美の詰まったスポットでした。オススメです!

 

2009年のミシュランで、三ツ星を獲得しているそう。

なるほど、納得です。

 

河口湖もみじ回廊 をあがっていった場所にあるので、紅葉の時期は、是非、あわせてどうぞ。

久保田一竹美術館

山梨県南都留郡富士河口湖町河口2255

★★★★★