今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【シェ松尾・渋谷東急本店】 文化村の芸術鑑賞とあわせて美味しくお気軽フレンチ

今日は、文化村で 「リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」 を鑑賞した後、

夕食に、隣接する東急百貨店8階にある、シェ松尾を訪れました。

 

シェ松尾は、渋谷・松濤にある高級フレンチレストランで、

こちらは本店より気軽に入りやすくした 「ラ・ブラッスリー」 と言うお店。

 

今回は、7638円のCコースに、スープをオニオンスープ(+510円)、

肉料理にフォアグラのソテー(+1100円)を追加しました。

 

 

≪前菜≫ 鮑のフラン 焼きタラバとコンソメのゼリー

鮑の濃厚な味わいに、タラバ、イクラコンソメゼリーがさっぱりとした前菜。

 

 

≪スープ≫ オニオングラタンスープ

プラス500円で、季節のポタージュからオニオングラタンスープに変更。

甘く炒めたタマネギのスープ、たっぷりのチーズで焼きあげてあります。

 

 

≪魚料理≫ 鮮魚のポワレ ベルモットのクリームソース

今日の魚はサワラでした。淡白な印象の魚ですが、秋は脂も感じられます。

ほのかな酸味と甘みのあるクリームソースが相まって、美味しい一品でした。

 

 

≪肉料理≫ オリジナルハンバーグ 赤ワインのデミグラスソース

肉料理は、仔羊、牛フィレ、ハンバーグの3品からチョイスできます。

プラス1100円でフォアグラのソテーを追加し、ボリューミィな品になりました。

 

 

≪デザート≫ 季節のムースとシャーベット フルーツのコンポート

コーヒー、紅茶と一緒にいただいて、〆ます。

 

この他に、パンがつきます。

 

・・・・・・・・・・

 

コンセプトの通り、気軽に入れる雰囲気のフレンチレストランでした。

買い物や仕事帰りの常連の方が、一人で食事して行く感じのお店でした。

ドレスコードは特にないようですが、お店の雰囲気を考えると、Tシャツ短パン、ジーンズのような、ラフすぎる服装は避けた方が良いと思います。

 

私の場合、こういうお店は、基本のスマートカジュアルで行きます。

男性なら、ジャケットと襟付きシャツ、チノパンあたりにしておけば無難です。

 

一休.com で、予約して行きました。

ランチ、ディナーともに3000円程度からの予算で利用できます。

メニューを追加で選びながら、好みのコース料理が組めるのがまた良いです。

今回、上の内容でワンドリンクつけても、一人10000円程度でした。

コスパのよいお店だと思います。

 

今回のように、ミュージアムでの美術鑑賞のほか、

文化村での芸術鑑賞と合わせて、気軽にオシャレな食事にオススメです!

ラ・ブラッスリー シェ松尾 渋谷東急本店

東京都渋谷区道玄坂2-24-1 東急百貨店本店8F

★★★★☆