今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【あしかがフラワーパーク】 一面のアメジストセージと日中でも楽しめる「光の花の庭」

織姫公園のあとは、足利観光の定番・あしかがフラワーパークを訪れました。

 

f:id:docoiko:20211109045132j:plain

 

10月末から、夜は名物のイルミネーション「光の花の庭」が開幕しました!

お花は、一面に広がるアメジストセージを楽しむことができます。

 

f:id:docoiko:20211109045137j:plain

 

f:id:docoiko:20211109045203j:plain

 

f:id:docoiko:20211109045135j:plain

 

f:id:docoiko:20211109045206j:plain

 

日中でも、日陰ではイルミネーションライトがついているところもあり、

夜とは違った景色を楽しめるのが、また面白いところです。

 

f:id:docoiko:20211109045139j:plain

 

f:id:docoiko:20211109045130j:plain

 

夜は記念撮影で賑わうであろうスポットには、当然ながらガラガラです!

 

f:id:docoiko:20211109045128j:plain

 

左のスイレンはライトです。こんな生花とのコラボをたっぷり楽しめるのも、

日中の散策ならではですね。

 

f:id:docoiko:20211109045143j:plain

 

f:id:docoiko:20211109045141j:plain

 

今の時期、花は豊富な種類咲いていないものの、

庭園としても手入れが行き届いており、とても見事なところなので、

紅葉がはじまった木々をみながら、散策するだけでも楽しいです。

 

f:id:docoiko:20211109045155j:plain

 

散策で目をひいたのが、この「光の花手水」という作品群。

 

f:id:docoiko:20211109045152j:plain

 

こんな感じで下は造花で、上の手水にはなんと生花が使われています!

 

f:id:docoiko:20211109045201j:plain

 

f:id:docoiko:20211109045146j:plain

 

f:id:docoiko:20211109045150j:plain

 

f:id:docoiko:20211109045148j:plain

 

きれいな写真がたくさん撮れます!

夜はライトアップされるようですが、日中は生花の美しさが引き立ちます。

 

・・・・・・・・・・

  • 散策時間/ 約1時間半
  • 入園料/ 800円(JAF割引100円) 季節により変動

 

花はアメジストセージがメイン、秋バラが少し残っている程度でしたが、

園内の木々の黄葉や、日陰では一部イルミネーションが楽しめました。

イルミネーションの舞台裏をのぞいているような雰囲気がまた面白いです。

夜は賑わうであろう撮影ポイントも、日中は当然ガラガラ・・・。

でも作り込みが見事なので、日中でもきれいな写真がたくさん撮れました!

意外と日中の散策、オススメです!

 

イルミネーション期間中は、夜の部とのお客さんの入れ替えを行うため、

営業時間は15時までで、ショップも含めて一度閉園するので要注意です。

 

一旦閉園15時の時点で、もうイルミネーション目当ての人々が集まっていて、

やや離れた駐車場までもが、もう満車になりつつありました。これは大盛況!

あしかがフラワーパーク

栃木県足利市迫間町607

★★★★★