今日はどこ行こう?

日本国内の観光、食事、宿の一人クチコミサイト。どうだった?を知りたい方へ。*最近鉄分多めです。

*本サイトはアフィリエイト広告を含みます*

【東館山高山植物園】 圧巻のニッコウキスゲの大群落!夏でも涼しい標高2000M。

今日は、長野県の志賀高原にある、東館山高山植物園を訪れます。

 

 

7月中旬、ニッコウキスゲがちょうど見頃を迎えているとのことなので、訪れてみようと思います。

 

 

東館山高山植物園までは、東館山ゴンドラリフトで向かいます。

発哺(ほっぽ)温泉にある山麓駅までは、車で行くことができます。

料金は大人往復2000円。4人乗りのゴンドラで、約7分の空の旅です。

 

 

雄大な緑の志賀高原の景色を眺めながら、一気に上へのぼっていきます。

ゴンドラは、換気窓が少し空いているだけなので、結構暑い・・・。

 

 

山頂駅が近づくにつれて、木々が減り、一面に黄色い花々が広がりはじめます。

 

 

なんとこれ、全てニッコウキスゲなんです!

 

 

山肌一面、帯のように続く景色は圧巻です!

これは、山頂の高山植物園も楽しみ。上がってきてよかった~!

 

 

山頂駅に到着しました。気温は25℃。

一応長袖の羽織は持ってきましたが、日が差しているので半袖でもちょうど良い涼しさです。

空気もカラッとしていて、とても気持ち良いです。

 

 

駅を出ると、早速、高山植物園の看板がお出迎えです。

東館山高山植物園は、約10万㎡の広さで約500種類もの高山植物が自生する、日本でも有数の高山植物園とのこと。

今回、カジュアルな服装の上、子連れだったので、あまり遠くへはいかず、山頂駅周辺をぐるっとまわることにしました。

 

 

園内もニッコウキスゲがほぼメインです。

 

 

木道と一面のニッコウキスゲのお花畑。画になります。

 

 

このほか、小さなアヤメの花。シガアヤメというそうです。

 

 

ハクサンフウロなど、ほかの高山植物も楽しむことができました。

 

 

・・・・・・・・・・

 

 

ゴンドラ下、山肌一面にニッコウキスゲの黄色い帯が続く景色は圧巻!

また、ニッコウキスゲのお花畑を、涼しく気持ちの良い空気の中、散策できるのも良いですね。

夏の避暑に打ってつけのスポットです。オススメです!

 

7月連休中の11時頃に訪れました。

植物園は、東館山の山頂周辺に広がるため、ゴンドラに乗る必要があります。

山麓のゴンドラ乗り場までは、車で行けます。

志賀高原でも奥まっている場所だからか、観光客も少なく、駐車場も余裕でした。

ゴンドラはJAFなど割引はなく、往復2000円とややお高めですが、ニッコウキスゲの開花時期であれば、訪れる価値は十分あると思います。

また、子連れであれば、基本が大人1名+小人1名で往復2800円、追加で大人1900円、小人1000円で利用できるファミリーパックというものがあるので、これを利用するのがオススメです。

植物園地内は歩道も整っているので、観光の延長の服装で散策することは十分できますが、歩きやすい足回りと、長袖の羽織りものは携帯した方が良いです。

 

東館山高山植物園(東館山ゴンドラリフト

長野県下高井郡山ノ内町平穏7149

★★★★★