今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【知恩院】 日本最大の三門と見ごたえのある境内散策

八坂神社から円山公園を抜け、知恩院に出ました。

知恩院は、浄土宗の開祖・法然上人が、
この地の禅房に住んでいたのが起源のお寺です。

その後、浄土宗だった徳川家康が寺社を拡大、造営しました。

知恩院

圧倒される巨大な三門、知恩院の入り口です。
高さ24M、間口50Mあり、木造建築の楼門としては日本最大です。
国宝になっています。

知恩院

本堂である国宝の御影堂は、残念ながら修理中でした。
平成31年までかかるそうです。

知恩院

境内を散策してみると、こんな趣のある風景も楽しめます。
海外からの観光客にも大人気です。

知恩院

知恩院には、三門の他にもうひとつ巨大なものがあります。
それは、高さ3.3M、直径2.8M、重さ約70トンもの大鐘。

1636年 (江戸時代) につくられ、戦時中の回収も逃れられました。
除夜の鐘では、なんと17人で撞き、冬の風物詩になっているそう。

知恩院

また阿弥陀堂では、
3M近い高さのある、立派な阿弥陀如来像を拝むこともできました。

知恩院

知恩院の七不思議 というものがあり、その一部をみることもできます。
この渡り廊下は鶯張りで、歩くとキュッキュと音がします。

元祖大師御尊像がまつられる集会堂まで、内覧もできます。
千畳敷とも呼ばれる畳敷きには、椅子も用意されていて、
ご尊像を拝みながら、静かに心落ち着かせることもできますよ。

・・・・・・・・・・

【所要時間】 約1時間

拝観料がかかるのが当たり前の京都のお寺で、
知恩院では、見事な建築物や仏像を拝めながら、無料です。
友禅苑、方丈庭園が有料エリアになります。

東山散策の際は是非どうぞ。オススメです!

知恩院

京都府京都市東山区林下町400
★★★★★