今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【比叡山延暦寺】 荘厳な雰囲気の根本中堂が印象的

比叡山延暦寺を訪れました。
坂本ケーブル延暦寺駅から徒歩10分ほどです。

比叡山延暦寺

比叡山延暦寺は、788年、天台宗最澄上人によって開かれた、
お寺です。歴史の教科書でも登場するかと思います。

比叡山延暦寺

比叡山の500haもの境内に、150もの堂塔が点在するそう。
山内は、この根本中堂のある、東塔 (とうどう)、
西塔 (さいとう)、北の横川 (よかわ) の3エリアに分かれます。

全てまわると、路線バスを使う上、1日がかりになりそうなので、
今回は、メインの東塔エリアだけ参拝しました。

比叡山延暦寺

東塔のみどころは、なんといってもこの国宝の根本中堂。
現在のものは1642年、江戸時代・徳川家光の命で、
建設されたものです。

比叡山延暦寺

幅37.6M、奥行23.9M、高さ24.2Mもある、巨大建築です。
太くて立派な柱、重厚感、そして威厳のある建物です。

また、何よりも感動するのが、その内部。

まるで、洞穴の中のような真っ暗な空間に鎮座する本尊、
そして、三つの大きな灯篭の中には、「不滅の法灯」 が、
1200年もの間、受け継がれているそうです。

比叡山延暦寺

こちらは大講堂です。本尊は大日如来
国の重要文化財になっています。

興味深いのが、
比叡山で修行した各宗派の宗祖の木像や肖像画
浄土宗、浄土真宗臨済宗曹洞宗日蓮宗など、
なじみのある宗派の宗祖ばかりで、
延暦寺が、日本仏教の礎になった地であることを実感します。

比叡山延暦寺

阿弥陀堂 (手前) と法華総持院東塔 (奥) です。
手前には水琴窟がありました。

比叡山延暦寺

塔の場所からも、琵琶湖が眺められますよ。

・・・・・・・・・・

【所要時間】 約1時間半 (東塔のみ・国宝殿含まず)

拝観料は700円 (東塔、西塔、横川共通)。
全エリアまわるのなら、車か路線バスの利用が便利。

根本中堂の荘厳な雰囲気が好きなのですが、
残念ながら、平成28年から十年の修理工事期間に入ります。
もう骨組みが入ってしまっていましたが、
本来の姿を拝むのなら今のうちです!

国宝殿 (500円) は、一度訪れましたが、
国宝は大してありません。時間があれば立ち寄ってみては。

京都市街から延暦寺までは、
京阪・京都バスの共同運行路線があり、普段なら安くて便利。
所要時間は約1時間。
ただ、細い山道を行くので、紅葉シーズンは渋滞が心配です。

京都市街から、半日のボリュームで参拝に来るのなら、
東塔エリアだけでいっぱいかと思います。

比叡山延暦寺

滋賀県大津市坂本本町4220
★★★★★