今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

「ラビスタ阿寒川」宿泊記③ お風呂が充実!客室と大浴場、三つの貸切風呂で温泉三昧。

北海道旅行の今回の宿は、阿寒川沿いにたつ宿、ラビスタ阿寒川です。

 

 

この宿のおすすめポイントのひとつが、湯めぐりが楽しめるところ。

全客室に温泉が楽しめる檜風呂がついている上に、温泉大浴場、さらに三つの貸切風呂まであるのです!

ホテルのある阿寒川沿いは、温泉が自噴しているエリアなのだそうで、温泉が豊か。

お湯あたりはやわらかくて疲れないので、ついつい長湯してしまいます。

全客室には温泉の出る檜風呂付き。

まず、すごいのが、全客室に温泉が出る檜風呂がついています!

 

 

ボタンを押すだけで、お湯が湯船に注がれる仕組みになっています。

窓は大窓で開閉式なので、下半分を開けて、露天風呂のような使い方もできます。

また、ブラインドも用意されており、プライバシーの面も配慮されています。

露天風呂、サウナ付きの温泉大浴場「河神の湯」は利用者少なめ?

引用:温泉 | 【公式】ラビスタ阿寒川 / 阿寒 ホテル 旅館 - ホテスパ

 

露天風呂とサウナをそなえた男女別の温泉大浴場「河神の湯」もあります。

客室と同じように、阿寒川をむいた温泉大浴場です。

二回ほど入りに行きましたが、誰もいなかったり、1人程度と少なめでした。

客室に温泉風呂がついているので、利用する人も少ないのだと思います。

贅沢にくつろげました!

洗い場にも仕切りがついており、しっかりとつくりこまれています。

予約なしで利用できる無料の三つの貸切風呂もあって、まさに温泉三昧。

 

さらに、三つの貸切風呂まで用意されています。

お風呂は「月の湯」「星の湯」「風の湯」の三種類。

こちらは無料で利用できる上、予約も不要。空いていれば使える仕組みです。

 

 

お風呂の鍵を閉めると、自動的に「湯浴中」のランプがつく仕組みです。

写真の状態は、ランプがついていないのでどれでも入ることができます!

 

 

一番湯船が大きかったのは、このレンガ風呂の「星の湯」でした。

二人がゆったり入れる程度の広さがあります。

 

 

樽風呂の「月の湯」。写真の真新しさはなく、ちょっと湯治場の雰囲気?

 

 

陶器風呂の「風の湯」。湯船が小さめなのでどちらかと言うと一人用。

 

貸切風呂は、洗剤は置いておらず、体を流して、サッと湯船につかるタイプ。

10月にもなると朝晩寒いので開けませんでしたが、窓は開放できるようです。

客室のビューバスから、味変気分で、一人でゆったり楽しみに行きました。

 

・・・・・・・・・・

 

 

湯あがりには、アイスキャンディーがサービスで用意されていて、さっぱりと楽しめるのが良かったです。

また朝限定で、カツゲンという北海道ではメジャーな乳酸菌飲料も用意されます。

うれしいサービスですね。

 

全客室で温泉が楽しめる上、大浴場と三つの貸切風呂があり、温泉三昧でした。

旅行初日は、天気が悪く、半分雨だったので、早くからチェックインしても、宿でお風呂が楽しめたので、かなり良かったです。オススメ!

宿泊プランを検索

≫ じゃらん

≫ 楽天トラベル

≫ 一休.com

この宿の宿泊記一覧

≫ 宿泊記①【客室】阿寒川向きのデラックストリプル客室

≫ 宿泊記②【食事】コタン鍋の会席料理と洋朝食

ラビスタ阿寒川

北海道釧路市阿寒町オクルシュベ3-1

★★★★★