今日はどこ行こう?

日本国内の観光、食事、宿の一人クチコミサイト。どうだった?を知りたい方へ。*最近鉄分多めです。

【まとめ】豪華観光列車「36ぷらす3」乗車記【土曜日緑の路・宮崎空港~大分】

この三連休は、一泊二日で九州を訪れています。

今回のメイン目的とも言えるのが、これに乗車するためです。

JR九州で2020年にデビューした、豪華観光列車「36ぷらす3」です!

 

 

豪華観光列車「36ぷらす3」とは?


www.youtube.com


JR九州と言えば、豪華列車「ななつ星in九州」が有名ですが、その弟分とも言われる列車がこの「36ぷらす3」です。

ななつ星」同様、デザイナーの水戸岡鋭治氏によるデザイン。

この列車が走る、世界で「36」番目に大きい島である九州に、驚き、感動、幸せの「3」をプラスして、36+3=39(サンキュー・感謝)を表しているのだとか。

曜日ごとに違うルートを走り、グルっと九州を一周クルーズ。

引用:運行ルート・ダイヤ | JR九州 | 36ぷらす3

まず面白いのが、曜日ごとに毎日違うルートを走行しています。

中でも土曜日の宮崎空港~別府、日曜日の大分~博多ルートは、出発の宮崎空港、到着の博多がともに、空港からのアクセスがとても良いので、週末の一泊二日の旅行プランを無理なく組みやすいのもポイントです。

 

 

今回、1日めは宮崎空港入りで「36ぷらす3」で大分まで乗車を楽しみ、2日めは大分観光をして、大分空港撤収のプランを組みました。

個室が多くて内装も豪華。非日常の鉄道旅行を楽しめること間違いなし!

 

「36ぷらす3」は、個室の座席も多く、内装が豪華なのも大きな特徴です。

水戸岡デザインの壁のアクセントやソファ、大川組子がほどこされた障子窓に加え、1号車と6号車は熊本イ草の全面畳敷きになっていて、靴を脱ぐことができます。

 

列車は全車両グリーン車指定席の6両編成になっています。

  • 1号車:3~4名個室(4室)
  • 2号車:3~6名個室(3室)車椅子対応個室(1室)
  • 3号車:1~2名個室(6室)、ブッフェ
  • 4号車:ロビーカー
  • 5~6号車:3列座席

 

 

1~3号車は個室車両になっています。

個室は、高いパーテーションで仕切られ、入口もカーテンやすだれを開閉する「半個室」のような印象ですが、ゆったりとくつろげ、非日常的な鉄道旅行を楽しむことができます。

 

▼ 車内の様子はこちらから

彩り豊かで味も絶品!地元食材をたっぷり使った名店の食事を楽しむ。

 

1~3号車の個室は食事プランのみ、5~6号車の座席は食事ありとなしを選べます。

食事内容は個室と座席で異なり、個室の方が品数も多めになります。

今回は土曜日コース、個室の食事プランだったので、宮崎市の「季節料理かわの」の特別懐石弁当をいただきました。

地元の食材をふんだんに使い、彩りも豊かでどの品も絶品、量もしっかりめで大満足のお弁当でした。

最初のドリンクが一杯、汁物や食後のコーヒーなどもつきます。

その他、主にドリンクですが、備え付けのメニューがあり、注文すればアテンダントさんが持ってきてくれます!

 

▼ 食事の様子はこちらから

絶妙なスケジューリング!食後は途中下車や梅酒づくり体験なども。

 

土曜日コース・宮崎空港~大分・別府ルートでは、延岡駅宗太郎駅重岡駅の3駅で途中停車が組み込まれています。

宮崎駅を11:51出発後、早速食事の提供があり、約1時間半ゆっくりと食事を楽しみ、おちついたタイミングで、13:20頃、延岡駅でおもてなし停車。

その後、14:15頃に1日列車が3本しか停車しない「秘境駅」の宗太郎駅、14:35頃に重岡駅におもてなし停車し、その後は、梅酒づくり体験(有料)など車内でくつろぎながら、約2時間で大分駅別府駅に到着するというスケジューリングです。

食事の提供から、途中下車、車内レクなどのスケジューリングがなんとも絶妙で、6時間もの乗車でしたが、心地よくあっという間でした。

 

▼ 「秘境駅宗太郎駅など途中停車の様子

料金と予約方法

料金は、曜日や座席により異なります。今回、宮崎空港~大分まで利用しました。

個室の食事プランの場合、宮崎・宮崎空港~大分・別府まで料金は共通です。

4名個室を、大人二人子供一人の3名で利用しました。

大人は食事プランで一人21900円、子供は食事無しで12600円でした。

 

予約方法は、JR九州「36ぷらす3」のサイトからWeb予約になります。

≫ ご予約・お問い合わせ | JR九州 | 36ぷらす3

 

グリーン座席のみの場合は、乗車日の1ヶ月前同日からの予約ですが、個室や座席のランチプランはJR九州が扱う旅行商品になるため、約6ヶ月前から販売されていて、早く予約ができます。私は今回の10月の乗車を3ヶ月前の7月に予約しました。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

ななつ星in九州」の弟分とも称される、豪華観光列車「36ぷらす3」。

本当に素晴らしかったです!

個室利用の食事プランは、いい宿の一泊二食付きぐらいのお値段しますが、食事美味しく、ホスピタリティも高く、上質で豪華な非日常の鉄道旅行を楽しむことができます。中でも、3畳程度と広めで3~4名で利用できる1号車個室はオススメです。

次回も三連休を生かして、金曜日や日曜日など別のコースも乗車してみたいです。

九州旅行の際、1日乗車プランを組み入れてみるのもオススメです!

この列車の乗車記一覧

≫ 36ぷらす3①【車内】1号車個室と車内探検

≫ 36ぷらす3②【食事】季節料理「かわの」の料理弁当

≫ 36ぷらす3③【旅程】「秘境駅」宗太郎駅など途中停車