今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【鴨川シーワールド】 シャチの迫力あるパフォーマンスは圧巻!

ゴールデンウィーク前半、千葉の房総を訪れました。

まずは、鴨川シーワールドへ。

 

 

鴨川シーワールドは、水族館なのですが、

シャチやベルーガ、イルカ、アシカといった動物のパフォーマンスに、

とても力を入れているのが特徴です。

 

 

中でもシャチが飼育されているのは、国内でも現在2箇所のみで、

名古屋水族館とココだけなのだそうです。

 

 

なんといっても、シャチのパフォーマンスは圧巻です!

 

 

 

観客席では、シャチが水をかけてくれるパフォーマンスもありますよ~。

下の席はずぶ濡れになるので、ポンチョ必須です。

ポンチョは300円で売っていますが、あらかじめ用意しておくのも手。

これから暑い時期、気持ち良さそうですね?

 

 

このほか、イルカやアシカ、ベルーガのパフォーマンスも楽しめます。

30分刻みでおこなわれているので、

効率よく楽しめるようになっているのもポイントです。

 

 

その他、水槽展示も充実していて、

11000点以上の海や川の生き物がいるそうです。

マンボウもいました!

 

・・・・・・・・・・

 

【滞在時間】 3時間以上

【入園料】 2800円  (JAF割引で2450円)

 

動物のパフォーマンスを楽しむことをメインとした水族館です。

1回15~20分程度。

30分刻みで何かの動物がパフォーマンスをやっている感じです。

 

中でもシャチの迫力あるパフォーマンスは必見!お見逃しなく。

また、動物達をとても近くで見ることができるので、

「体感」 できる水族館としても、オススメです!

 

残念なのがコストパフォーマンスが今ひとつな点。

入園料が通常で3000円近くするのもそうですが、駐車場も1000円かかる一方、

おむつ替え場所も少なく、トイレも和式が多く、女性トイレは混んでいました。

基本設備はしっかりと手を入れて欲しいところ。

 

マザー牧場と一緒に訪れるなら、「シープ&オルカ」という共通チケットがあり、

合計4300円かかる入園料が3600円と、700円割安でオススメです!

鴨川シーワールド

千葉県鴨川市東町1464-18

★★★★☆