今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【起雲閣】 大正・昭和ロマンあふれる建築と装飾・庭園が見事

熱海へ下りてきました。

雨もあがったので、起雲閣へ立ち寄りました。


 

起雲閣は、1919 (大正8) 年に別荘として建てられ、1947 (昭和22) 年には、

多くの文豪にも愛された熱海の名旅館に変わりました。


 

街中にあるのですが、静かで緑豊かな庭園はとても見事です。


 

館内の和洋折衷の建築様式、装飾がとても魅力的で、

例えば、 「玉姫」 の天井には、寺社建築のデザインが取り入れられています。


 

庭園をのぞむサンルーム。床はモザイクタイルで仕上げられています。


 

こちらは客室です。庭園をのぞむ、広々とした和室です。

山本有三志賀直哉谷崎潤一郎太宰治など多くの文豪が泊まったそう。


 

お風呂は二種類。

庭園がのぞめる大浴場もいいですが、


 

こんなローマ風浴場にもつかってみたいです。




【滞在時間】 約1時間~1時間半

 

入館料は500円。駐車場は無料です。

ボランティアの方による説明もあり、知識を深めることができます。

庭園を眺めながら、ゆっくりとしたいですね。

ローマ風呂やサンルームなど、和洋折衷の建築様式がとても面白いです。

 

熱海って、あまり見るところのないイメージがありましたが、ここはオススメ。

熱海を訪れたら是非どうぞ。

起雲閣(熱海市)

静岡県熱海市昭和町4-2

★★★★★