今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【通潤橋と五老ヶ滝】 和製ローマ水道と名瀑を散策

熊本市街から高千穂を一気に目指します。
その途中、立ち寄ったのが通潤橋です。

通潤橋

橋長78M、幅6Mの巨大な石造りのアーチ橋です。

通潤橋

この巨大な石橋の目的は、 「水道」 なんです!
1854年、水が乏しかった白糸台地に水を送るために建設され、
現在、国の重要文化財となっています。

古代ローマの水道橋を思い出させる、見事な建築です。

熊本城もそうですが、熊本は石工の技術レベルが、
極めて高かったことが伺えます。

通潤橋

橋の真ん中についている口からは、
石管に残った砂や泥を取り除くために放水が行われます。

現在は、観光用に定期的に放水をしてくれています。
「1日1回午後1時」 が基本のようです。放水時間は15分程度。

通潤橋

通潤橋にあがりました。
まるで敷石のように続いているのが石管です。
水漏れを防ぐのに、漆喰を使ってつないでいるのだそう。

この路をたどって、名瀑・五老ヶ滝へ行ってみます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

通潤橋の上から、茅葺小屋の脇を抜けて行くと、五老ヶ滝の駐車場。
そこから、さらに整備された階段を下って行きます。
通潤橋からは片道10分程度です。

五老ヶ滝

五老ヶ滝は、落差50メートル。
断崖を豪快な水しぶきをあげながら落ちる様は、
日光の華厳の滝を思い出させます。とても見事な滝です!

五老ヶ滝

滝壺まで降りることもできますが、
お気軽でよく見えるのは、この吊橋から。

今日のような雨の日は、
階段も含めてとても滑りやすかったので、ご注意を。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【散策時間】 1時間程度

今日は雨だったので、通潤橋と五老ヶ滝だけまわりました。

見学は無料、駐車場は 「道の駅・通潤橋」 が利用でき、
散策コースも整備されているので、まわりやすく、
立ち寄りやすいのもポイント。
見ごたえもあるので、是非どうぞ。オススメです!

晴れていれば、仙者ヶ淵や棚田をめぐる散策コースを
行ってみるのも良さそうです。

≫ 通潤橋・五老ヶ滝ウォークラリー (農林水産省)

通潤橋

熊本県山都町長原
★★★★☆