今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

日光東照宮① 陽明門は幕の中でも「幻の壁画」が公開中

久しぶりに日光東照宮を訪れました。

日光東照宮

1617年、徳川家康公を御祭神におまつりした神社。
日光の代名詞とも言える、メジャースポットです。

現在の主な社殿は、徳川三代家光公によって整備されました。
陽明門をはじめ、華やかな彩色、見事な彫刻が施された、
たくさんの社殿を拝むことができます。

日光東照宮

写真は三神庫と呼ばれる倉庫のひとつ、上神庫。

日光東照宮

「想像の象」 と呼ばれる大きな彫刻が残されていて、
ユーモラスな姿の象がとても印象的、彩色も豊かです。

日光東照宮

ひときわ観光客で賑わうのが、神厩舎(しんきゅうしゃ)です。
ご神馬をつないでおく建物。

日光東照宮

ここに有名な 「見ざる・言わざる・聞かざる」 の三猿があります。
厩舎には、このような猿の彫刻が、ぐるっと八面施されていて、
生まれて死ぬまで、人の一生が風刺された作品になっています。

日光東照宮

石段の先、幕で覆われた建物が、国宝の陽明門です。
現在、「平成の大修理」 がおこなわれており、
残念ながら陽明門は修理中でその姿を拝むことができません。
工期も平成31年まで、まだかかりますね。

日光東照宮

そのかわり、
西側の壁面では、羽目板で200年以上もの間、隠されていた、
松と鶴の 「幻の壁画」 を現在、みることができます。
修復後、再び羽目板で隠されるそうなので、お見逃しなく。