今日はどこ行こう?

日本国内で行った観光地、食事、宿をスポットごとにご紹介。どうだった?を知りたい方へ。

【那珂川町馬頭広重美術館】 現代建築と歌川広重の作品をゆっくり鑑賞

那珂川町にある、馬頭広重美術館に立ち寄りました。

 

 

那珂川町出身で実業家の青木藤作氏の収集した、

歌川広重の肉筆画や版画を中心に集めた美術品 「青木コレクション」 を

町が寄贈を受け、つくった美術館です。

 

 

地元・八溝杉の格子をあしらった現代建築の建物も見事です。

デザインは、新国立競技場にも採用された、隈研吾氏によるものだそう。

新国立競技場の完成も楽しみですね。

 

・・・・・・・・・・

 

【滞在時間】 約1時間半

 

館前に広々とした無料駐車場あり。

入館料は、今回特別展だったので700円。普段は500円です。

空いていて、ゆっくりと鑑賞できます。

 

館内全体は大きな展示室は2部屋で、それほど広くはありません。

他の画家の特別展の時は、広重の展示量が減ってしまうので、避けた方がいいかも。

 

現在、6月25日まで特別展 「広重と行く東海道の旅」 が開催されています。

広重の有名な 「東海道五十三次絵」 に、弥次喜多道中膝栗毛がコラボしています。

展示内容も面白く解説もていねい、当時の生活文化が画から伝わってきます。

これはオススメです!

那珂川町馬頭広重美術館

栃木県那須郡那珂川町馬頭116-9 

★★★★☆